プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
またやります。ビアガーデン!
10月4日(土)~10月13日(月)までの10日間、博多南駅前ビル4階屋上でライブ付ビアガーデンを開催します。時間は17時~21時。ちょっと寒いかもしれませんが、運動会の打ち上げなどで、秋の夜長を音楽を聴きながら過ごしてみませんか?
皆さまのお越しをお待ちしています。私は音楽部門を担当で、只今プログラム作成中。でき次第アップします。
ちょっとお得な前売チケット(5枚綴り2000円)も販売しているそうですょ。

クリックすると↓拡大します
140929.jpg


音楽活動 | 【2014-09-29(Mon) 17:59:40】 | Trackback(-) | Comments:(0)
福岡女子商業高等学校の私立移管について
9月議会が終わりました。今回の一番議論になったのは那珂川町立福岡女子商業高等学校の私立移管についてです。

女子商には、うちの塾からも多くの生徒が通いましたし、関係者も多く知ってます。予算を審査する議員は、皆さんから集めた税金の使い道について、町民の皆さんの最大多数の最大幸福、そして、将来にわたっての費用対効果を常に考えていかなければなりません。価値感はひとそれぞれ異なりますので、判断はいつも同じになるとは限りません。
女子商のもつ歴史や伝統など考えると辛い決断でしたが、関連する3議案について審査し、賛成で手を挙げました。

議案の採決の前に、財政的上町立での女子商の維持存続は困難という主旨の賛成討論を行いましたが、主な理由は以下の通りです。

1)生徒一人当たりの支出額が義務教育の小中学校と比較して、女子商が高いこと。
(H25年度決算額で、小学生13万2000円、中学生3万6000円、女子商生徒66万8000円)
※授業料収入や国の交付金などもありますが、それを差し引いても女子商生徒1人当たりに26万4000円はかかっています。

2)女子商があることで県下でも教育費の割合がH23年度16.5%、H24年度20.6%と突出して高いこと。(H24年度全国平均9.9%、福岡県平均10.5%、春日市14.4%、大野城市8.3%、太宰府市13.8%、筑紫野市14.4%、福岡市が8.5%)

3)国の財政状況から将来の安定的な交付税措置が見通せないことに加え、今後住民の要望も増え福祉予算も財政を圧迫することが予想されること。

4)今後、安徳台国指定をめざす町の方針により用地取得と周辺整備、総合運動公園の整備、大型商業施設に係る周辺整備など大型の事業が控えていること。

賛成討論の全文はこちらになります。

平成26年9月26日付 西日本新聞記事
140926.jpg

町議会 | 【2014-09-26(Fri) 08:39:21】 | Trackback(-) | Comments:(0)
一般質問に立ちました!
9月17日、一般質問に立ちました。
今回は、①これからのまちづくりを支える地域コミュニティの再構築について、②財政計画について の2点を尋ねました。現在の町政は、将来ビジョンが示されません。少子高齢化社会を迎え、行政区がこのままでいいのか、今後どういう建設事業を優先していくのか、未来が見えないほど不安なことはありません。はっきりしたことは、3年先までしか見えていないということでした。
資料はこちらからダウンロードできます。
http://www.oasistown.com/morita_toshifumi/news/140917-2.pdf



町議会 | 【2014-09-22(Mon) 17:32:21】 | Trackback(-) | Comments:(0)
27日は ライブです
27日は 夕暮れわいわいライブです。今回も盛りだくさんの内容でお届けします。
席に限りがありますので、お早目にお越しください。
140920.jpg


音楽活動 | 【2014-09-21(Sun) 07:26:56】 | Trackback(-) | Comments:(0)
来週 一般質問に立ちます!
ちゃんと生きてます。
8月28日に51歳になり、家族に祝ってもらいました。写真は 出雲大社で。
どんどんおっさんになりますな。
140912-3.jpg

ただいま議会中です。
私の一般質問は、17日(水)の二人目なので、午前10時15分くらいからです。今回は、「これからのまちづくりを支える地域コミュニティの再構築について」「財政計画について」の2点を通告しています。

那珂川町は高齢化率19.1%の若い町と言われていますが、行政区ごとにみると高齢化率30%を超える区が14もあります。10年前から課題となっていた地域コミュニティの見直しについて、昨年3月、町は検討した結果実施しない報告しています。ではこれからの地域の課題はどうやって解決していくのか。そのあたりを質(ただ)します。

また、那珂川町では財政計画や実施計画については2年先までしか明らかにしていません。これまで、各行政分野の個別計画にはなかった小中学校空調・太陽光発電設備事業やこども館整備事業等予算規模の大きいものが急に出てきた経緯があります。町長が何をされたいのか、議員も役場の職員も住民もわからない状態です。
今後、療育指導センター建設、山田区の中部公園整備、総合運動公園整備、安徳台国指定後の公園整備、イオン出店に伴う周辺道路整備、みどりの森公園整備等、大型予算を伴う計画が目白押しです。町長の考える事業の優先順位、予算規模等を尋ねます。

子どもたちもご覧の通り元気です。 那珂川祭りでの写真。
140912-2.jpg

次女。ベランダでリゾート気分。
140912-0.jpg

町議会 | 【2014-09-12(Fri) 06:59:46】 | Trackback(-) | Comments:(1)
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
08 ≪ 2014/09 ≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -