プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
スカイプでテレビ電話
最近 GOOGLEのタブレット、NEXUS7を購入し持ち歩いています。
今回の出張は、パソコンは持って行かないで これのみでした。

キーボードと比べ入力が不便なので、ワープロなどの作業には向きませんが、乗り換え案内、電車やバスの時刻表、ホテルの予約、地図、視察先に行く前の事前準備など大活躍でした。

それから 夜の楽しみ。 家族とスカイプを使ったテレビ電話です。
元気な様子を見ることができて安心です。

NEXUS7よ、ありがとう。 (背面カメラがないのが残念。。。)


130625-8.jpg


日記 | 【2013-06-28(Fri) 03:43:02】 | Trackback(-) | Comments:(0)
エコノミーなトラベル
今回の出張は、政務調査費を利用しての視察でした。
那珂川町議会では、政務調査費として月額15000円が支給されています。
年間にすると18万円。
税金ですので大切に使わせていただいています。

今回は、エアーアジアで初飛行。 福岡-成田 が往復で約11000円。
ちょっと成田便で不便ですが、客席はすいているので快適でした。
宿泊も 4100円のビジネスホテル。
予約はしないで、宿泊当日にじゃらんで探せばなんとかなります。

こんな感じです。 これだと何回か行けます。
もりもり研修させていただきます。

130625-9.jpg

政治活動 | 【2013-06-27(Thu) 03:24:51】 | Trackback(-) | Comments:(0)
東京から帰りました
政務調査で東京に行ってきました。
今回の目的は、子育て支援の先進地視察です。

行ったところは、全部で4ヵ所。
まずは、東京都江戸川区の共育プラザと清瀬市の複合施設のコロポックル、これらは、こども館構想時に本町の職員が視察に行ったところです。いずれも館長さん、センター長さんに丁寧に対応していただきました。
このうちコロポックルが、那珂川町で建設予定のこども館のイメージなんだろうなという印象です。
日曜日に尋ねましたが、児童がたくさん遊んでいて賑やかでした。
こども館を作る前に、うちの恵子児童館もやり方次第ではこんな使い方ができるのにと思いました。


    江戸川区 共育プラザ


    清瀬市 コロポックル

それから、千葉県市原市役所と浦安市役所です。

こちらでは、うちの自治体が苦手としている行動計画の進行管理のあり方を学んできました。
さすが、都会の自治体はぬかりがない。職員さんの意気込みに圧倒されました。

今回学んだことを活かして9月議会に挑みます。
役場の職員の皆さん、覚悟はよろしいですか?

早朝5時、宿泊先から散歩に出かけました。
新しくなった歌舞伎座の前を通って 築地市場 → 東京駅 → 皇居と巡りました。











政治活動 | 【2013-06-25(Tue) 20:12:35】 | Trackback(-) | Comments:(0)
祐くん語録
なぞなぞ

お父ちゃん「しゃのつくものなあに?」

祐くん「しゃ、しゃ、しゃ、しゃんりんしゃー。」

お父ちゃん「ぴ、ピンポーン!」


お年玉

祐くん「パパ? お金もってないと?」

お父ちゃん「うん。」

祐くん「ぎんこうからもらえばいいやん。」

お父ちゃん「それはできんのよ。」

祐くん「じゃ、ゆうくんのお年玉じぇんぶあげる。バイクほしいっちゃろ?」

お父ちゃん「ありがとね。優しいね。でも祐くんのお金がなくなっていいと?」

祐くん「うん。ママからもらう。」


家族 | 【2013-06-21(Fri) 09:11:53】 | Trackback(-) | Comments:(0)
一般質問終了。。。
昨日一般質問が終わりました。時間切れで不完全燃焼。

というのも、あからさまな執行部の時間引き伸ばし作戦にやられました。

のらりくらり、質問にはストレートに答えないし聞いてもいないことを長々としゃべる、一度こちらが話したことを聞き直す。

あっという間に1時間の持ち時間がなくなりました。動画を見ていただいたらわかります。




町議会 | 【2013-06-18(Tue) 17:54:40】 | Trackback(-) | Comments:(0)
依里ちゃんです
久々に登場の 依里(えり)ちゃん。

夏風邪をひいたりしましたが、食欲は相変わらず旺盛で、元気です。

最近、ママーという言葉を覚えたみたいです。

ところで、まつ毛、長いでしょ?

130617.jpg




家族 | 【2013-06-18(Tue) 17:28:24】 | Trackback(-) | Comments:(1)
真依ちゃんからプレゼント
16日、真依ちゃんから 父の日のプレゼントをもらいました。

赤いネクタイ。 うれしいねー。

130616.jpg


家族 | 【2013-06-18(Tue) 17:19:25】 | Trackback(-) | Comments:(0)
一般質問にたちます
6月定例議会が開催されています。

あさって、17日月曜日、1年ぶりに一般質問に立ちます。

質問内容は、ミリカローデン那珂川に建設予定の「(仮称)こども館」についてです。

この1時間のために、2ヶ月費やして、厚労省や県庁に電話したり、国の法律、閣議決定の内容、町の様々な計画、これまでの議事録など、あらゆる資料を引っ張り出して、質問内容をまとめました。

17日は午前9時半からです。

ライブ映像は こちら (午前9時25分くらいから映像が映ります。)


ところで、今朝の朝刊に、子宮頸がんワクチン摂種の勧奨せず、という記事が掲載されました。

私は、平成23年3月議会の一般質問で、子宮頸がんワクチンが国が全額負担し無料摂取になるに際して、ワクチンの危険性について訴え、町としての責任を問いました。あの時の心配が現実のものとなりました。

議会だよりの記事を添付します。(記事をクリックすると拡大)

130615.jpg

議事録は、こちら(PDFファイル)

町議会 | 【2013-06-15(Sat) 11:19:23】 | Trackback(-) | Comments:(0)
6月9日は わいわいマーケット
あさって6月9日は わいわいマーケットの日です。

博多南駅前ビル ペデストリアンデッキで 11時から15時まで音楽やってます。

私の出番は、12:40、13:00、14:40 です。

お時間のある方は、フリマに音楽にいらしてくださーい。


No 時間 出演
1 11:00 アンデス音楽
2 11:20 ジャグラージム
3 11:40 ヤンチャーズ
4 12:10 悟空バンド
5 12:40 ZZライダー
6 13:00 ボーン本田&Kazusa
7 13:20 ジャグラージム
8 13:40 ヤンチャーズ
9 14:10 悟空バンド
10 14:40 ZZライダー


音楽活動 | 【2013-06-07(Fri) 19:13:12】 | Trackback(-) | Comments:(0)
日本維新の会について一言
 日本維新の会橋下共同代表の従軍慰安婦発言は内外で多くの批判にさらされることになった。参議院議員選挙を7月に控えたところで、みんなの党との選挙協力は解消となり第3極結集とならなかったことは確かにダメージである。

 共同通信が6月1・2日に行った世論調査では、政党支持率で日本維新の会が前回より0.6ポイント減らして4.2%となっており、新聞記事では支持者離れが進んでいると解説している。また、旧日本軍の従軍慰安婦などに関する日本維新の会の橋下徹共同代表の説明については、計41.0%が納得できたと答えたのに対し、納得できないとの回答は計53.9%。さらに、日本維新の会に対し参院選や国政で期待しないとの回答は65・6%で、期待するとの27.3%の2倍以上となり、橋下氏発言の影響が読み取れると維新はもうダメだと言わんばかりの表現だ。

 しかし、別の見方をすると、橋下共同代表の発言に納得した人が41.0%もいる。中国・韓国の広報戦略により日本の国益が損なわれている現状を憂えて出た発言ということに納得しているのである。女性の人権を踏みにじったと批判し一線を画そうとした他の政党に比べ、批判を恐れぬ勇気ある発言ということで好意的にとらえられているのではないだろうか。また、日本維新の会に参院選や国政で期待する人が27.3%もいるということは、国民の4人に1人はまだ維新に期待をしているではないか。これは驚くべき数字である。民主党、公明党、みんなの党を対象に同じ質問をしたとしたら、このような結果は得られまい。参議院選は確かに厳しい戦いとなるが、日本維新の会もまだまだ捨てたものではないということだ。

 ただ、私は別の理由で日本維新の会にたいへん失望している。参院選の千葉県選挙区において、日本維新の会公認で立候補を予定していた久野晋作氏が、5月15日に突然公認取り消しとなった。私は久野氏と同じ政経塾で学んだ。久野氏は私より年齢は9歳若いが、地方議員としてのキャリアは私より6年長い。政経塾の中でも屈指の人物で、人間力、行動力において私も尊敬する一人である。新聞報道において、幹事長の松井一郎大阪府知事は、久野氏の公認を取り消した理由を、「公募面接時に話していたような組織体制とか活動するための裏付けが実態と違う」と述べている。維新は新興政党で国政選挙に不慣れで、地方組織もなければ資金力もない。公認した政治家に毎月の活動資金すら支払っていない。候補者に自前で資金を用意させ戦わせる方針である。では、日本を変えていくために政治を志す者の中で、政治家たる「人間力」と全県区を戦える「資金力」と「組織力」を全て兼ね備えた人物がどれだけ存在するだろうか。

 久野氏の公認取り消し後、代わって公認を得た中田博敏氏は、橋下氏の発言でみんなの党との協力が得られないとわかった段階で立候補を断念するというお粗末な結果となった。わずか10日間で翻意した中田氏の政治的な復活はもうないだろう。それよりも、準備不足を理由に久野氏を下ろして、千葉全県区で戦えるはずの人物を擁立したはずの維新の判断はなんだったのか。人物を見る目なし。それが維新の現状である。

 久野氏は、我孫子市の市議会議員として3期目の活動中であったが、参院選千葉県選挙区に日本維新の会の公認候補で出馬するとして、5月7日に市議会議員を辞職している。その直後の5月15日に公認取り消し通知を受け取っている。仲間として、この仕打ちに我慢がならない。維新に対する憤懣やるかたない。

 私が学んだ政経塾は、若くて志の高い政治家集団で人材の宝庫だ。昨年末の衆議院議員選挙で、政経塾から5名の国会議員が誕生したが、うち2名は維新である。維新の躍進に我が道を重ねて期待していた塾の仲間は少なからずいたはずだ。公認取り消しの一件で、塾の維新に対する見方が変わったことは言うまでもない。


政治活動 | 【2013-06-03(Mon) 11:42:26】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
05 ≪ 2013/06 ≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -