プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
水彩画
昔 描いた絵が出てきた。41円のハガキの裏に描いたもの。
小中学生の頃、絵画は好きじゃなくて テキトーに描いてました。スケッチ大会なんか、大きな筆に水をたっぷりふくませて 速攻終了、という感じ。いい加減なガキでした。

30代半ば頃、祖父が絵描きだったので 勉強すればうまくなるかなと思って水彩をはじめました。
細い筆でゆっくり描くことを心がけながら。

しかし、2~3ヶ月したある日、ふと「絵はいつでもできる。今しかできないことをやろう。」と思い ピタッとやめました。

老後の楽しみにとっておきます。(笑)

130131.jpg


日記 | 【2013-01-31(Thu) 05:15:49】 | Trackback(-) | Comments:(1)
井手ちゃんぽん
昨年の衆議院選挙のとき、選挙事務所に近くに井出ちゃんぽんがありました。
3週間のうち、全部で6回ほど行ったかぃな?
さすがに鹿島の「中央」や「きらく」のちゃんぽんほどではないが、うまい! 野菜がたっぷりで最初はなかなか麺に箸が届きません。
雅子さんは初。えりちゃんも初ですが、匂いだけ。
食べログで紹介されています。→こちら



日記 | 【2013-01-28(Mon) 12:01:09】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ギター譜ゲット
最近ほしいものがなかったんですが、久しぶりにほしいものが。楽譜です。ナオト・インティライミのギター譜です。ネットで注文しました。


ナオト・インティライミは昨年の紅白に出たのでご存じの方もおられますよね。
今度のカト純のときに歌いたい曲があって、練習しようと思ってます。でも難しいとです。最近の若者らしくラップ調のところが一部あったり覚えるのがたいへん。昔の歌とは全然違います。大丈夫かぁ?



日記 | 【2013-01-27(Sun) 11:55:22】 | Trackback(-) | Comments:(1)
選挙応援
ところかわって、大阪のとある市。ただ今、市議会議員選挙の真っ最中です。




塾から2名が立候補しています。30人の枠に39人の立候補とあって厳しい選挙ということです。私はFさんの応援に入りました。
早朝、7時過ぎに着いて駅立ち、その後は街宣カーに乗車してカラス(マイクでしゃべる男性のこと)を担当。午後も街宣カーに乗って、4時頃離脱。



また、帰り道、駅でもう一人Uさんの街頭演説にも偶然通りがかって 挨拶することもできました。



リムジンバスを乗り継いで、ピーチエアーで福岡に帰ってきました。




日記 | 【2013-01-26(Sat) 11:09:39】 | Trackback(-) | Comments:(0)
京都
林英臣政経塾第八期の一月合同例会が京都市で開催されました。

早朝福岡を出発。初のピーチエアーの利用です。ピーチに乗るとき、林塾の冨安さんに空港で偶然出会って京都まで一緒でした。
とにかくピーチは安い。大阪まで往復1万2千円でっせ。ほんまにぃ。



最近、神社めぐりが趣味になっている私、京都に着いて、近鉄と京阪を乗り継いでまず向かったのは八幡市の石清水八幡宮です。小高い山の上にある八幡宮までは、徒歩かケーブルカー。私はためらいなくケーブルカーを選択。八幡宮は全国にありますが、そもそも八幡宮には、応神天皇が祀られています。那珂川町は裂田溝で神功皇后には馴染みがあります。神功皇后は、崩御された夫の仲哀天皇の代わりに新羅に出兵されたした際、お腹には御子がおられました。戦いに勝って帰国し、宇美の地でお子を産みになられたということです。その御子が応神天皇です。

※八幡神は、応神天皇を主神として、比売神、応神天皇の母である神功皇后を合わせて八幡三神として祀っている。(Wikipediaより)



石清水八幡宮は、開運・厄除けの 八幡御神矢が有名なようで参拝帰りの人はみなさん手にしてました。私は参拝後、お札を一体いただいて 帰りは歩いて参道を下りました。



この後、京阪電車で四条まで行って、八坂神社へ。八坂神社は素戔嗚尊(スサノオノミコト)が祀られています。素戔嗚尊は天照大御神の弟で、天の岩戸にお隠れになる原因をつくったり、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治したりと有名な神様であらせます。そこでも参拝後お札をいただきました。




八坂神社を後にして、歩いて例会が開催されるホテルへ到着。
塾も100名を超える大所帯になってきました。

林先生の講義を拝聴し、それから懇親会。親交を深める話し合いは深夜まで続きました。

日記 | 【2013-01-25(Fri) 11:03:21】 | Trackback(-) | Comments:(0)
カト淳とその仲間たち 音楽の集い 2013冬
恒例の カト淳とその仲間たち 音楽の集いを今年も開催します。
なんか、バタバタで発表するのがギリギリになってしまいました。

出演は那珂川町に関係の深いメンバーで固めました。絶対おもしろいコンサートになります。
今年初登場の 虎高のパフォーマンスはお薦めです。

那珂川仁美ちゃんも 年々忙しくなってきました。今年は 全曲生演奏を実現させたいと考えています。

チケットは、来週から発売となります。お早めにお求めください。

130121-1.jpg

日記 | 【2013-01-21(Mon) 22:50:10】 | Trackback(-) | Comments:(0)
成人式
14日は那珂川町の成人式でした。
エントランスホールは新成人で賑わっていました。

子どもの時から顔見知りの若者や、塾の卒業生がスーツや晴れ着で挨拶をしてくれました。

新成人おめでとう!

130114.jpg


日記 | 【2013-01-17(Thu) 03:34:57】 | Trackback(-) | Comments:(0)
デコポン狩り
天草にデコポン狩りに行ってきました。
真依ちゃんも祐くんもがんばりましたよ。

130112.jpg

日記 | 【2013-01-13(Sun) 20:35:18】 | Trackback(-) | Comments:(0)
林英臣先生のメールマガジン
林英臣政経塾の林先生は不定期にメールマガジンを送ってくださいます。
「老子」の解説をわかりやすい言葉で解説していただいて、たいへん勉強になります。
最新のメールの一部をご紹介します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「東洋的達人の研究・老子に学ぶ人間の大きさ」その69

◆◆◆平気で浪人の出来る生き方が、指導者になるほど必要◆◆◆

◇無いときは無いように生きればいい◇

地位や名誉なんて、無ければ無いで結構。使命を果たすため、何らかの立場に就くことはあり得るが、役割が終わったら平気で浪人(地位や役職から退いた者で牢人ともいう)が出来る。昭和歴代首相の指南役であった安岡正篤先生が言われた通りで、そういうさっぱりした生き方が、指導者になるほど必要となります。

簡単に言えば「無いときは無いように生きる」ということです。栄光に輝く暮らしを離れ、塵の如き貧弱な生活にまみれたとしても、何処吹く風という達観です。大所高所から冷静に己を眺め、飄々(ひょうひょう)として生きていくことの出来る姿勢が、そこにはあります。

この、栄耀栄華(=光)に溺れず、たとえ地に落ちて貧しい暮らし(=塵)に陥ろうが、少しも動じないという生き様を「和光同塵」と言います。「光を和らげ、塵に同化する」という意味で、老子はこれを「玄妙なる合一」と表現しました。

塵は、どこにでもあるものを指しております。眩しく輝いているわけではないから目立たないし、人が欲しがるような値打ちもありません。そういうものに対しても、躊躇することなく同化してしまう力が真の強さなのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

まだ続きがありますが このようなメールです。
林先生は松下幸之助先生や安岡正篤先生に師事され経験を積んでこられ、独自の視点で 世の流れをとらえ、全国各地の講演で発信しておられます。このような人物は他に見当たりません。
私もできる限り多くのことを吸収したいと考えています。

林英臣先生の公式サイトはこちら

日記 | 【2013-01-13(Sun) 06:25:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)
成竹山から飛ぶ
今年初めて成竹山に登りました。下界は昼間で気温が3℃だったですが、展望所はおそらく0℃くらいだったと思います。寒かった。

午後になって風向きが変わって 一緒に登った白水さんが「飛べそうだー」と言いながら パラグライダーを小屋から出してきました。パラグライダーで飛び立つところに初めて立ち会いましたが、見送る方としてもドキドキしました。

空を飛ぶって気持ちよかろーねー。

130116-1.jpg



日記 | 【2013-01-07(Mon) 02:37:41】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
12 ≪ 2013/01 ≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -