プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
国家を背負って立つ人材の輩出 ~なかがわシティ構想の背景~
私の究極のゴール、それは、この国難を救う人材を輩出する教育とその環境づくりです。

みなさん、今の国の政治を見て憤りを感じておられるでしょう。
国会議員は何をやっているんだと。
地方でも、あちこちから行政にも議員にも厳しい声が聞こえてきます。

でも、選んだのはみなさんです。

では、みなさんに責任があるのかというと少し違います。今の選挙制度の問題や選挙に出るには金がかかったり時間の制約があったりで優秀な人材が出にくいというところにこの本質はあるのです。

国会議員ならば、小選挙区で勝つには、今なら民主か自民に所属し選挙区の支部長という座を勝ち取らなければなりません。一般に、その限られたポストに選ばれるには、個人の政治的な能力よりも資金力が優先されると言われています。

市町村会の議員の場合、人口の多い自治体では議員報酬だけで生活できるので職務に専念できますが、そうでない自治体では昼間別の仕事をしながら、議会の仕事をしています。議会に拘束されるので、普通のサラリーマンでは議員は務まりません。

こうして、人材不足は国会でも全国の議会でもおこっているのです。
戦後、復興の中で政治がスタートした頃はこれでもよかったかもしれませんが、現在は制度疲労を起こしていると思われます。

だからと言ってこの仕組みを 国会が法改正で変えられるのか? 国会議員は議員定数削減すら思うようにできません。自分たちの身を切って制度改革をするというのは期待できそうにありません。

次の選挙では民主党が負け、自民党が大勝するでしょう。国民は、自民党にノーを突きつけて民主党になったのですから、自民党に期待はしていないでしょう。自民党がこの国難を乗り切る施策を進めていけば別ですが、そうでない場合は政治に対する不信、あきらめが広がるのは目に見えています。

今、地方でできること。それは、未来の日本をあきらめないこと。そのためには教育をしっかりやることです。
時間はかかりますが、このような国にしてしまった責任は私たち国民全員にあります。
次の世代に日本の命運を託せるよう、最善の努力をすること私たち世代の使命だと考えるのです。

私の目標は、那珂川町から日本を背負って立つ人材を輩出することです。


政治活動 | 【2012-06-26(Tue) 06:14:34】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ひとを育てるという視点 ~なかがわシティ構想の背景~
那珂川町はJR博多南駅が開業して以来、人口増に伴い税収や交付金が増え、バブルがはじけた後も財政的も気持ち的にも余裕があったと思われます。厳しい言い方をすると、この20年間、行政も議会もぬるま湯に浸かっていたのではないでしょうか。また、それを支える住民の皆さまも、現状維持でよかったのだと考えます。

この点、高齢化・過疎化が進んでいる地域の住民の皆さまと危機意識が大きく異なります。人口流出に歯止めをかけるべく活性化を目指し、町おこしを企画したりと日夜努めておられます。

人口が5万人から増えません。2年前の国勢調査で5万人突破で市制施行を目標にしてきましたが、最近は頭打ちの状態です。福岡市が増加傾向にあるということなので、都市計画に決められた通り行政が実行すれば、多少の人口増は見込めますが、町はそれには消極的です。

日本全体で見ると人口減少社会が始まっています。そのような中で、これからしばらくは、人口増を目指し自治体がサービスを競い合う時代となります。自治体の本音は、税収が見込めない高齢者向けの施策よりも、人口増で税収増につながる子育て支援策や教育の充実の施策に重心を置きたいといったところでしょう。

まさに、今那珂川町がそうです。財政が厳しいと言いながら、全小中学校にエアコンを設置するという事業を今年行い、来年は子ども館をミリカローデンの敷地内に建設する施策を進めてます。このことに計11億円(町の負担は計7億円程度)はかける予定です。

しかし、私は人口増のために、エアコンや子ども館という、一見わかりやすいハードの整備を優先するところに行政の無策を感じます。目先の税収増だけしか頭になく、未来のまちづくりに対する哲学というか、信念というものが全く感じられません。

私は、ハードだけ整備しても地域づくりはできないと考えています。大切なのは人を育てるというソフトの面です。この人を育てるという視点が、この那珂川町には欠落しているのです。

保育園にすぐ入れるから、エアコンがあるから、子ども館があるからで那珂川町に引っ越してくる人がいるかもしれません。しかし、本当に大切なのは、地域に住む人たちがどういう人たちで、自分の子の成長にどう関わってくれるか、安心して子どもが育つ環境があるか、学力が上がるだけの支援があるのか、そういったソフトの面なのです。そういう点で住みにくいと感じたら、またすぐ町を出ていってしまうでしょう。

まちづくりとは、ハードの整備と同時に、地域を支えるひとづくりというソフトの充実を指します。
この20年間、いや、そのもっと前から、行政はひとづくりということを怠ってきました。
子どもを育てる環境をつくるためには リタイヤした世代の方、高齢の方の力が必要なことは言うまでもありません。年をとっても安心して生活できる環境があってこそ、地域の子や孫のために尽くすことができるのです。

そういったことから、ひとづくりを担ってくださる高齢者の方の支援策も必要となります。高齢者支援も含めたひとづくりのための構想が、「なかがわシティ構想」です。行政と地域が一体となって、高齢者支援、子育て支援、学校支援を行っていくものです。


政治活動 | 【2012-06-25(Mon) 04:05:27】 | Trackback(-) | Comments:(0)
私の政策 その1
私は、西鉄バス那珂川営業所の山田以南移転を政策の第一に掲げます。
営業所が山田に移転するというは、過去にもあったそうです。そのときは地権者の強い反対で実現しませんでした。

しかし、今は事情が違います。西鉄路線バスが廃止になると誰が予想したでしょうか。
突然の廃止をうけて、行政と議会がその対応策に取り組み、かろうじて住民の足が確保されました。

とは言え、中山間地域の生活は 買い物ひとつ取っても、一番近いスーパーマーケットが道善のサニーでとても不便です。自家用車のない方のご苦労はたいへんなものです。活性化とは程遠い状況にあります。

それを解決するのがこの構想です。行政(町長)主導で取り組めば必ず実現できるでしょう。場所は特定できませんが、今なら、地元の皆さんのご理解も得られると確信しています。

その効果等については、下記をクリックしてください。

120622.jpg


政治活動 | 【2012-06-22(Fri) 22:08:16】 | Trackback(-) | Comments:(0)
西鉄バス那珂川営業所の移転となかがわシティ構想の提案
一般質問が終わりました。

行政区単位で見ると高齢化が進んでいる地区が増えています。
行政としてどう対応していくのか問われるところです。

しかし、これを解決するための地域コミュニティの再編という重大なテーマが行革課題として挙げられているものの、町は実施時期は設定せず消極的な姿勢です。早急に対応しないと、取り返しのつかない地区が出てくると考えています。

私は、行政主導でできることがあると考えています。
そこで、2つの提案を行いました。

一つ目は、西鉄バス那珂川営業所の山田以南移転です。これが実現すると、住宅開発業者の投資、人口増、活性化、新規商業施設の進出等、いろいろなメリットが出てきます。

二つ目は、地域コミュニティの再編、子育て支援、高齢者の買い物難民対策、交通弱者対策、学校支援など、様々な地域課題の解決をめざす構想です。この構想で、高齢者や子育てに優しい、そして、子どものよりよい教育環境をつくっていきます。詳しくは後日説明いたします。



町議会 | 【2012-06-18(Mon) 21:56:28】 | Trackback(-) | Comments:(0)
一般質問に立ちます
明日18日 午後1時過ぎより 一般質問です。

一般質問は 今回が最後となるでしょう。3年間の議員生活の集大成となる内容にします。

日本のため、地域のため、魂を込めて登壇いたします。

役場のホームページから中継もありますが、お時間がございましたら傍聴にお越しください。


町議会 | 【2012-06-17(Sun) 08:41:23】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ドリー・ファンク・Jr さん からメッセージが届きました
15年来の友人である ドリー・ファンク・Jrさんからビデオメッセージが届きました。
感激です。 勇気100倍。

昨日は九州プロレスの筑前さんとも会ったし プロレスづいてます。

英語の部分は、次のように話してくれてます。

I know my friend, Mr Morita will make the right decisions for the future of all people of Nakagawa-machi. I believe in his character and honesty in leading to the future. He will change the future of Nakagawa-machi if you want it.




日記 | 【2012-06-13(Wed) 15:40:20】 | Trackback(-) | Comments:(0)
朝夕のごあいさつ
朝と夕方、毎日場所を変えて 旗をもって ご通行中の皆様にごあいさつしています。
今日で10日です。 最近はもう慣れました。

知り合いの小学2年生の女の子が、絵を描いてくれました。
本人は見たのではなくて、話を聞いて想像で描いたんですよ。

嬉しいですねー。

クリックすると拡大します。↓
120607.jpg


未分類 | 【2012-06-08(Fri) 21:27:23】 | Trackback(-) | Comments:(0)
依里ちゃんが
母乳の与え過ぎで3ヶ月で体重が2倍になった依里ちゃん、飲み過ぎを悟ったか、少しだけ細くなった気がします。ここのところ急に女の子らしい顔つきになってきました。もう男の子に間違われんやろ。
タレ目はママゆずりか? 声を出したり笑ったり、本当に癒されます。

120605.jpg

家族 | 【2012-06-05(Tue) 22:49:38】 | Trackback(-) | Comments:(0)
真依ちゃん 美容室で髪を切る
昨年から髪を伸ばしてきましたが、さすがに汗をかくので 髪を切ることに。
初めてプロの美容師さんに切っていただきました。

最初 鏡の前に座ったときは 不安で泣きそうでしたが、すいてもらってスッキリしました。

120603-1.jpg 120603-2.jpg


家族 | 【2012-06-04(Mon) 10:51:47】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
05 ≪ 2012/06 ≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30