プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
緊急提言!! 日本の国体を守ろう!女系天皇を認めることの危険性
私が受講している 林英臣政経塾の塾長、林先生のメールマガジンから転載いたします。
林塾では、日本の中心であられる皇室を守ることが最も重要なことと考えていますが、決して右に偏った考えではありません。日本を改新して現代文明を超える共生文明を創っていく担い手となりたいと思う同志の集まりです。
私も改革志向ですが、私も皇室をお守りすることこそ、日本の文化・伝統・歴史を守っていくことなのだと確信しています。 皇室があったからこそ、これまで争いごとを必要最小限に抑えきた歴史があります。

その皇室に、女系天皇を認めるのは危険だと林先生は言われてます。その内容ですので関心のある方はご一読ください。

----------------------------------------------------------------
緊急提言!! 日本の国体を守ろう!女系天皇を認めることの危険性

「女性宮家」を創設しようという意見が、宮内庁から出てきた。小泉政権のときにも皇室典範を変えようという議論が起こされたが、悠仁親王殿下のご誕生で国会提出が見送られた経緯がある。

女性皇族は結婚すると皇族の身分から離れることになっており、皇族は少なくなる一方。このまま推移すると、皇族の仕事や活動が“人手不足”になりかねない。皇族減少という危機に対して、女性皇族が結婚後も皇族にとどまれるようにすることで対応したい、というのが今回の問題提起だ。



“緊急提言!! 日本の国体を守ろう!女系天皇を認めることの危険性”の続きを読む>>
政治活動 | 【2011-11-30(Wed) 03:23:30】 | Trackback(-) | Comments:(0)
U子に奇跡が
授業中、誰かが突然やってきて1階の玄関から

「じゅくちょー」と呼んでいます。

降りていくと立っているのは 卒業生のU子とM子の姉妹にその従兄弟。
何の用かと思ったら 進路が決まったという報告でした。

「公立のF女子大に受かりました~」

ええぇぇぇぇ?

何で? すごい、すご過ぎる。 ホントに驚きました。

中学時代勉強はさっぱり。 ただし、英語だけ、英語だけは勉強しました。そこそこ。
英語暗唱大会の「かわせみ杯」に出場したり、英語には特別関心はあったようです。
その後、K女学院の留学コースに進学、2年次に8ヶ月ほどカナダに留学して帰ってきました。

会話はかなり上達したようです。それが武器になって自信になったんでしょうね。
この快挙は、U子の努力の賜物です。

おめでとう!
そしてありがとう。 君が公立に行けたということは 後進の励みになる。


※ さくらさんへ

長文におつきあいくださり恐縮です。野村監督の言葉 いいですね。
確かに、スポーツに限らず、変わらなくてもそこそこできますからね。
勉強になります。


卒業生 | 【2011-11-29(Tue) 02:17:11】 | Trackback(-) | Comments:(0)
お菓子放浪記 エクレールが上映されました
社会福祉協議会が中心となって町内の団体が実行委員会を組織して進めてきた映画上映会がミリカで開催されました。

お菓子放浪記 エクレール は、戦中戦後の孤児の男の子が周りの温かい大人たちに支えられて力強く成長していく物語です。展開が速すぎたような感もありますが、じゅうぶん泣かされました。撮影が震災前の石巻市で行われたということで、今はなき海岸の美しい風景を見ることもできたとです。

お客さんの入りも上々で、主催者としてはよかったのではないでしょうか。

映画のテーマであった エクレアが、映画上映後、エントランスホールで売られていたのには笑ってしまいました。

テーマ曲の お菓子と娘、この歌を うちの母さんとおじさんが知っていました。

お菓子の好きな 巴里(パリ)娘
二人そろえば いそいそと
角の菓子屋へ 「ボンジュール」

選(よ)る間(ま)も遅しエクレール
腰もかけずに むしゃむしゃと
食べて口拭く 巴里娘

残るなかばは 手に持って
行くは並木か 公園か
空は五月の みずあさぎ

人が見ようと 笑おうと
小唄まじりで かじり行く
ラマルチーヌの 銅像の
肩で燕(つばめ)の 宙がえり


Youtubeで 検索すると聞けますよ。


那珂川町 | 【2011-11-28(Mon) 08:18:27】 | Trackback(-) | Comments:(0)
改革すると嫌われる
先人たちが築いてきたものが今あります。ここに至るまでにどれだけの血と汗と涙が流されたかもしれません。その点は敬意を表します。

だからと言って環境が急速に変化していく今、現状にとどまっていいかというとそうではありません。常に自己改革の精神を忘れずに、住民の皆さんの福祉の向上の目的のために、いい方向に前進していくことが求められます。

私は、議会が議論をする場と思って入りました。入ってみてわかったことは、行政と議論をしますが、議員同士で議論する場がほとんどといってないのです。議員ひとりひとりでは行政に対しては小さな存在ですが、議会がひとつにまとまれば力になります。議会には、議会や委員会から政策を提案できる権限があります。しかし、議員が議論しないでこの権限をじゅうぶん使いきれるはずがありません。地方議会においては、政党や出身地区の支持母体が違っていても、政策にそんな大きな違いが出るはずはありません。

議員個人はそれぞれ考えを持っていますが、町議会としての政策を煮詰める場がないので、常に行政の提案に対しては受身です。困るのは、町民の皆さんから 議会の考え方を聞かれたときです。
「行政はこんなことを考えています。それに対して議員はそれぞれ一般質問しています。」
これ以上のことが言えません。なんとも情けない。

私たちが グループで議会改革に取り組んでいるのにはこういった背景があります。ひとりで挑んでいたらつぶされかねませんが、同志がいることでたいへん心強いものがあります。私の言葉はグループの言葉、私への攻撃はグループへの攻撃となります。だからこそ、言葉は慎重に選ばなければならないと自覚するところです。

いつの時代でも改革しようとすると嫌われます。改革を進めようとすると 軋轢が生じます。先日は酒の席で、先輩議員に怒られました。時代によっては斬られていたかも。今は命まで狙われることはないと思いますが、相手も真剣ならこちらも真剣です。グループの議員、次は落選してもう議会にいないかもしれません。決して弱気で言ってるのではなく、覚悟です。選挙のことばかり考えて行動していたらできることもできなくなります。目的のために、1期でできることは全部やり抜くつもりです。


JA筑紫のふるさと祭りに 子どもと行ってきました。
111126.jpg

日記 | 【2011-11-27(Sun) 10:28:28】 | Trackback(-) | Comments:(2)
いとこ会長、復活!
うちの父方は兄弟姉妹が4人。うちの父さんが長男で男の子2人、その下の長女が男の子3人、その下の次男が男の子2人、その下の次女が男1人に女1人。いとこが9人。

小学生の頃は、父さんの実家に集まって遊んでいました。私が長男の長男で一番年上でした。
高校を卒業して上京してからは、空白の20数年が過ぎて、いとこ同士の交流もありませんでした。
みんなどこで何をしているやら。 ぽつぽつと情報が入ってきたりして。
偶然ですが、その中のひとりが那珂川町に住んでいます。

それが、ここんところ FACEBOOK のおかげで、つながってきたとです。

昨日 いとこ3人 チャットで話しました。 こりゃすごい。
いとこ会をせんといかんね、ということで締めました。

いとこ会長 復活です。

111124.jpg


日記 | 【2011-11-26(Sat) 00:30:16】 | Trackback(-) | Comments:(0)
遥洋子さんの講演には共鳴しませんでした
ミリカで遥洋子さんの講演がありました。確かにしゃべりはうまくて聴衆を引き込む術は優れていました。
しかし、話の内容には全く共鳴しませんでした。

女性というだけで こーんなに苦労してきた。仕事と恋愛の両立を許さない。社会が悪い。
そんな社会を変えていかねば。。。

私は、なんだかんだ言って、彼女は女を武器にここまでの地位を築いたことは否定できないと思います。
また、女だけがたいへんだったような物言いですが、男は男で苦労している、我慢もしている、毎日戦っている、と思うのです。社会には狸や狐や狼や鰐がいます。私も日々、泣きそうになりながら仕事をしています。

彼女は婚約者の親など自分の進路を妨げようとしたものを 笑いのネタにしていましたが、違和感を覚えました。
彼女は社会的影響力のある地位にいるのですから、ある意味言葉の暴力じゃないでしょうか。
人権について言う資格があるとかぃな?

DVは当然だめです。人権、大切です。男女がお互いに認め合うことが重要です。それを啓蒙する運動も否定しません。

しかし、行き過ぎた男女共同参画社会はどうでしょうか。男と女は身体のつくりも仕組みも違います。あまりに一部の女性が男女共同参画やらで権利を言い過ぎたために法律ができて義務が生じて、比較的体力のない女性に無理をさせている側面もあります。それが迷惑という意見もあるのです。

講演の前に 与謝野晶子の「君死にたもうことなかれ」の詩が朗読されました。
女性の立場から戦争を批判する詩で、当然の感情でしょう。
けれども、もし戦争をしなければどうなっていたか。当時の帝国主義のぶつかり合いの中で、日本が主権を守れたでしょうか。植民地になっていたら 女性や子どもがどうなっていたか想像できますか?
国力を比較したら敗戦も覚悟、戦争は苦渋の決断だったはずです。

私が言いたいのは、理想が先行して現実が見えなくなってしまうのではないかということです。領土問題を話し合いで解決すると言う政党の方がおられますが現実が見えていますか?対等な武力が背景にあって、初めて話し合いのテーブルにつけるのではないでしょうか。当然、絶対戦争はしてはいけません。バランスが取れてこそ、外交ができるのが現実です。

男女共同参画宣言都市の記念イベントでしたが、同じ予算を使うならもっといい方の講演を聞きたかったです。


日記 | 【2011-11-25(Fri) 09:02:39】 | Trackback(-) | Comments:(0)
中山間まつり
昨日は中山間祭りが中ノ島公園で開催されました。

朝9時スタートで 開会式に出席したときは 小雨模様でした。この後の開催が危ぶまれましたが なんとか持ちこたえてくれそうな空です。私は 陶器と野菜とやまめを両手いっぱいに買いこんで帰りました。




その後 雨も上がり、再度家族で中ノ島公園へ。お昼を食べるために。。。
着くなりヤーコン麺の試食と牛乳をいただいて、豚汁とおでんと焼き芋と餅を買って4人で分けて食べました。




那珂川町 | 【2011-11-24(Thu) 06:27:02】 | Trackback(-) | Comments:(1)
大庭先生のアトリエ
大庭先生のアトリエ展にお邪魔しました。
アトリエジョーヌは南面里の細い坂道を上ったところにあります。
部屋は屋根の窓から外光を取り入れた明るい空間です。

コーヒーとだんご汁(200円)をいただきました。うまかった~^^

書道の話から始まって歴史の話など、知識と経験に裏打ちされたお話が興味深かったです。また、芸術の教育について、「生徒の個性を活かしながら 作品が指導者のそれを超えていくように導いていくべき、多くの指導者はそれをしていない」と言われてました。

勉強になります。
個展は今日までです。

111122.jpg

那珂川町 | 【2011-11-23(Wed) 02:27:11】 | Trackback(-) | Comments:(0)
わた菓子を豪快に食らう
肉の塊を食らうがごとく わた菓子を豪快に食べる祐くんです。すごい形相です。

少しちょうだい とお願いしても 「だめ」と一蹴します。

111120-5.jpg

家族 | 【2011-11-22(Tue) 00:00:35】 | Trackback(-) | Comments:(0)
環境フェア
何はともあれ、ソフトバンクホークスの優勝おめでとうございます。最高の感動をありがとう。

ところで、昨日はエコピアなかがわで環境フェアが開催されました。

児童・生徒の環境ポスターの展示が行われていました。さすが、最優秀賞の作品は配色も構図もうまいです。自分は中学生の頃、全くポスターが描けませんでした。緻密さに欠けとったとです。

111120-1.jpg

体験コーナーでは、子どもたち向けに 裂き布を使ったコースターづくりや 使用済みのゴルフクラブを使った風鈴づくりが行われていました。真依ちゃんも、手伝ってもらって自分用のコースターを作りました。これから毎日使うそうです。

内容は例年通りでしたが、駐車場が役場でシャトルバスを往復させていたこともあってか、来場者が少なかったようです。せっかくの催しですから、もう少し子どもの参加がほしかったですね。

111120-2.jpg111120-3.jpg

※ さくらさんへ

講座の受講生はほとんどが私より年齢が若い地方議員ですが、日本を変えていこうという強い意志を持った方ばかりです。すべてにおいて勉強になりますし、刺激を受けています。

那珂川町 | 【2011-11-21(Mon) 04:11:47】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
10 ≪ 2011/11 ≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -