プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
食べるのが大好き
真依ちゃんの名前をつけてくれた人が言いました。

「この子は食べるのが大好きです。」

予言は的中。 食べ物には目がありません。食いしん坊です。
朝ごはん食べながら、「今日のお昼ご飯何かな?」など、食べ物の話題が多いです。

最近は、ママの料理の手伝いもするようになりました。
プリンやケーキを一緒に作ったり、豆腐やたくわんを包丁で切ったり。。。

将来は料理人か。

110330.jpg




家族 | 【2011-03-31(Thu) 00:03:26】 | Trackback(-) | Comments:(6)
広報でラグビー選手紹介
最近は 春の霞か、黄砂のせいか、あるいは大量の花粉が舞っているのか、わかりにくい日が多い気がします。
でも、昨日は 間違いなく 雨上がりの後の霞でした。

那珂川町の広報で、日本のラグビーの一線で活躍している選手の数名が那珂川町出身であることを特集記事で紹介しています。役場の広報にしては思い切った記事だと思いますが、とてもいいことだと思うんですね。

選手たちがそれぞれ、原点が那珂川町の豊かな自然の中で育ったことについて言及しているとです。

那珂川町はいいところ、という直接的な宣伝文句より、間接的ですがインパクトのある那珂川町の宣伝になるのではないでしょうか。

那珂川町の広報は こちらからご覧になれます。

110329.jpg

那珂川町 | 【2011-03-30(Wed) 07:58:20】 | Trackback(-) | Comments:(1)
はぁ~もにぃ~ コンサート
日曜日に 音楽クラブ はぁ~もにぃ~のリトルコンサートが行われました。
リトルといっても、地域の合唱団「南畑コール・スカーレット」と那珂川町吹奏楽団のジョイントで、2時間たっぷり楽しめるコンサートでした。

様々なユニットが登場して、いろんな楽器の音色と歌が登場してきましたが、これだけの企画はたいへんなご苦労があったと思います。

はぁ~もにぃのメンバーもいつになく緊張していましたが、そんな中でもいつも天真爛漫なA君が「千の風になって」を歌ったのには心が温まりました。皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

110328.jpg

※ さがんばさんへ

練習後のストレッチをやらなかったのが反省点。

※ さくらさんへ

昨年の二の舞はしないように気をつけます。


那珂川町 | 【2011-03-29(Tue) 03:36:23】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ソフトの練習
那珂川町のソフトボールのリーグ戦が来週開幕します。
昨日は練習でした。7カ月ぶりにボールに触りました。
キャッチボール、ノック、フリーバッティングというメニューでしたが、ノックで息が上がってしまい、スタミナのなさを痛感した次第です。

フリーのときバッティングピッチャーを務めたのですが、ピッチャーは中学3年生のとき以来で、速球を投げようとすると力んでバックネット越えが数球。感覚を取り戻すには 投げ込みが必要です。

案の定、今日になって、全身筋肉痛です。足には豆も。。。
開幕戦まで自主トレをして調整します。


スポーツ | 【2011-03-28(Mon) 12:20:13】 | Trackback(-) | Comments:(2)
NANA CAFEさんまで 自転車で
お昼寝から目覚めた真依ちゃんと祐くんを自転車に乗せて、サイクリングに出かけました。
もう4月に入ろうとしているのに、風は冷たかったです。

110326.jpg

東隈から那珂川の土手を南へ進んで、安徳を抜けて裂田の溝(うなで)の遊歩道へ、そして、裂田神社のところから農道に入って、ナナカフェさんへ。ナナカフェさんで、ベーグルとりんごジュースをひとつずつ買って、3人で分けて食べました。

110326.jpg


家族 | 【2011-03-27(Sun) 07:22:32】 | Trackback(-) | Comments:(1)
新聞記事に一言
ある新聞に 「ベッドタウンは今(統一選を前に)」という連載があってます。
福岡都市圏の市町が抱える様々な課題を伝えていて勉強にもなるんですが、先週次のような記事がありました。
一部抜粋します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
記事の冒頭

「那珂川町は働く母親に冷たい。」同町に暮らしていた看護師の女性は福岡市南区に引っ越した。

  中略

「働く親への支援がもっと充実している所に移ろう」。那珂川町に未練はなかった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ここだけ読むと、なんて那珂川町ってひどい町だろう、と思われても仕方ありません。
この記事は、行政が行っている子育て支援策に自治体によって差があることについて言及しているものです。
確かに、福祉関係の施策の多くにおいて、政令指定都市である福岡市の方が充実していると思います。
那珂川町の福祉施策は、筑紫地区4市1町で共同歩調をとっています。那珂川町だけが遅れているというわけではありません。福岡市に比べて筑紫地区が遅れている、ということです。

ことあるごとに那珂川町の武末町長は、子育て支援には力を入れていると言われています。実際、保育所の待機児童解消に力は入ってますし、子育て支援センターを新たに作る計画も進行中です。

新聞記事が一人歩きしないことを願います。


那珂川町 | 【2011-03-26(Sat) 14:56:15】 | Trackback(-) | Comments:(0)
こぶし咲く ♪
3月定例会が終わりました。今回は新年度予算もあったので長かったです。
22年度の補正予算が最終日に上がってきて、那珂川町として義援金を700万円送るということが決まりました。

バイクで走るのは寒いですが、春の訪れを告げるこぶしが あちらこちらで咲いています。
花を見る余裕が・・・

ちょっと今日は解放感に浸ってます。

110324.jpg

※ こころちゃんへ

子宮頸がんを患って苦しんでいる人がいるのも事実です。どちらがいいか、自分の健康、自分の命は、自己責任で守っていかないといけませんね。

※ さくらさんへ

視聴していただきありがとうございます。
王塚台は、区も公民館も素晴らしくまとまっているところとうかがっています。でも、今後ますます高齢化していきます。だからこそ、新しいコミュニティが必要なんですね。


日記 | 【2011-03-25(Fri) 01:18:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)
一般質問 「子宮頸がんワクチンの接種について」
遅くなりましたが、一般質問の動画をアップしました。

子宮頸がんによって毎年、10万人あたり4人の女性が亡くなっています。
子宮頸がん予防ワクチンは、がんを予防できる画期的なワクチンとして登場し、昨年末より国と地方自治体が半額ずつを補助するという事業が始まりました。このワクチンと子宮がん検診の受診で、子宮頸がんの死亡を0にすることを目指しているということです。

その反面、子宮頸がんワクチンの接種には慎重な声が多くあります。

今回承認されたワクチンは、豚インフルエンザのときに大量に輸入されたワクチンと同じ製薬会社の新型ワクチンで、長期間の安全性が確認されていないといいます。本当にワクチン接種が必要なのか。

私は、こういった新型のワクチンに関しては、厚労省の方針にしたがって勧奨するのではなく、学校において保護者や生徒に対し、このワクチンの効果、副反応など、全ての情報を納得いくまで説明し、ワクチン接種の選択権を保障するべきだと考えます。

まちづくりに関しては、今後 那珂川町が新しいコミュニティを創設していくという方向であることを確認しました。

   動画はこちらをクリックしてください。
          ↓



町議会 | 【2011-03-24(Thu) 08:55:34】 | Trackback(-) | Comments:(2)
うりゅしぇー
祐くん、最近は「うりゅしぇー(うるさい)」という言葉を覚えて連発しています。
誰の言葉を真似たのかは不明。

あと1ヶ月で2歳になろうとしているのに、「おっぱい」「おっぱいぱぁい」などと言いながらまだ止めようとはしません。

そういう時はお父ちゃんが、
「えーっ? このぉ おっぱい野郎っ!」
といじってあげます。

すると、首を振り振りしながら
「うりゅしぇー」
とはき捨てて、その後はまたおっぱいを食いついています。

祐くんが泣き声がやかましかったときに、お父ちゃんが
「うるせー」と言ったら、祐くんが
「うるしゃくない」 と言ったのには笑いました。

否定文が言えるってすごいぞ。。。


家族 | 【2011-03-23(Wed) 08:11:21】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ろくろ体験
昨日は、マリンメッセで陶器フェアが開催されていたので家族で出かけました。

真依ちゃんと祐くんと一緒なので、陶器をゆっくり見ることはやめて、同時開催のうまいもん市でお昼を食べることにしました。明石焼きやら佐世保バーガーを食べましたが、祐くんが興奮して動き回ったりしてそのお世話で、味わって食べることができませんでした。

その後、ろくろ体験が3歳以上と書いてあったので、真依ちゃんが湯のみ作りに挑戦しました。
お兄さんが手伝ってくれたのですが、土のかたまりがだんだん薄くなっていって、真依ちゃんが手を入れると一気にぐにゃっと崩れ、何回かその繰り返しでした。(お兄さん、申し訳ない。)
やっぱり3歳には力の入れ具合が難しいようです。

ほとんどお兄さんが作ってくれた感もありますが、2ヶ月くらいしたら 焼いて送ってくれるということです。
真依ちゃんの誕生日には間に合いそうです。牛乳入れて飲もうかのぉ。

110321.jpg


日記 | 【2011-03-22(Tue) 02:06:08】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
02 ≪ 2011/03 ≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -