プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
私立受験の思い出
昨日は フクトのテストがありました。今週の2月4日がいよいよ私立入試です。

私立入試と言えば、ヤングじゅくちょーも中学3年生のときに受験しました。
当時、佐賀県の男子が通う私立高校は、龍谷高校と佐賀学園だけしかなく、ほとんどの生徒がそのどちらかを受験していました。実は、もうひとつ選択肢があって、鹿島市から県境を越えて、諫早市の長崎日大高校を受験することです。しかし、交通の便が悪いので、通うなら寮に入る覚悟で受験をしなければならなかったんです。

自分の中学から長崎日大を受験したのは、自分ともうひとり親友。引率の先生に連れられて行きました。二人とも合格はしましたが、公立高校の受験で、友だちの方が不合格。友だちは、悲しみのうちに長崎日大に行くことになり、3年間寮に入って卒業しました。

その後、その友だちは、3浪して大学に入り、受験において4回の挫折を味わいましたが、地元の優良企業に就職し、結婚し3人の子どもに恵まれ幸せに暮らしています。

受験がゴールじゃないということを生徒に話すときに、ときどき彼は登場してきます。

※ 堕水神さんへ

コメントありがとうございます。政界再編が必要だと思います。保守系の若手の集団がまとまれば、民意の受皿になるのではないでしょうか。



思い出 | 【2011-01-31(Mon) 08:29:39】 | Trackback(-) | Comments:(1)
TPP参加に 今は反対
今朝のニュースで、管総理がダボス会議で、日本は第三の開国を目指し、TPP参加を前向きに考えることを表明していました。また、みんなの党は、党大会で、TPP参加賛成を前面に押し出してきました。

国政とは対照的に、地域の自然や農業と向き合っている地方議会では、政府に対して、TPP参加に反対をする意見書や、慎重な対応を求める意見書を次々と議決しています。

現在の経済の閉塞感や10年先の繁栄という視点でとらえた場合、TPP参加は必須と考えて間違いないでしょう。経済界は、道州制とともに、諸外国との競争に打ち勝つための方策は進めていきたいのでしょう。

しかし、50年先という視点ではどうでしょう。毎年1億人近く増えていく地球の人口。人口爆発により、資源の枯渇、食糧不足になるのは時間の問題ではないかと思います。加えて異常気象が農業に与える影響も取りざたされています。そのような中で、政府は食料自給率を上げると言いながら、一方でTPP参加で農産物の自由化、これらは両立するのでしょうか。

私は、国家百年の計もないまま、10年先の目先の利益でこのような重大問題に結論を急ぐ必要は全くないと思います。

総理、先走らんどってください。


町議 | 【2011-01-30(Sun) 06:05:45】 | Trackback(-) | Comments:(1)
県知事選に谷口氏?
今年は統一地方選挙の年とあって、新聞紙上も騒がしくなってきました。
明日が 筑紫野市長選の投票日。ふたを開けるまでわからない状況のようです。

ところで、県知事選。この時期になっても立候補者が確定していないということですが、今朝の新聞で3人の名前があがっていました。

それで目を引いたのが、谷口博文氏。 谷口氏は、私が昨年受講した 地域政策デザイナー養成講座の発起人なんですね。東大卒の元大蔵官僚のエリートです。政治のリーダーとしては未知数ですが、物腰は柔らかく人あたりがよい、また、中央との人脈、グローバルな視点など申し分ない方だと思います。

昨年末から水面下で名前が上がっていた人ですが、ここにきて 自民が分裂しそうな状況もあり、民主・自民の相乗りの可能性も出てきたということです。

さて、どうなることやら。


日記 | 【2011-01-29(Sat) 10:30:07】 | Trackback(-) | Comments:(0)
音楽の集い プログラム確定
カト淳とその仲間たち 音楽の集いのプログラムが確定しました。
今年は プロの参加も増え、ハイレベルな催しとなっています。

こちらポスターです。クリックすると拡大します。
110128.png

チケットは前売1000円。キューボックスやミリカローデン那珂川受付で販売しています。
皆様のご来場をお待ちしています。


No. 催し名と出演者

1) 中学生の 歌とダンス
林 なおこ と NAOダンスクラブ  ~ 澄みきった声をお聞きください ~

2) フォーク (ギター弾き語り)
カト淳
  ~ ご存知 那珂川を愛する加藤淳也ことカト淳登場~

3) フォーク (ギター弾き語り)
あかお かずのり  ~ 糸島を愛するカト淳の相方  去年に引き続き参戦 ~

4) リコーダー
コトリコ楽団
  ~ すっかりおなじみ、癒しのリコーダーアンサンブルです ~

5) ジャズ (フルート)
萬まゆこ with キース・ステッド(piano)民谷利通(bass)藤原隆幸(dr)
  ~ NANA CAFÉの まゆこさん、ひさびさ登場 ~

6) 南京玉すだれ
あしたばの会の皆さん
  ~ ご存知那珂川町のあしたばの会のみなさんによる楽しい南京玉すだれ~

7) ダンスとヨーガ
松尾(妖怪)ミミ と 滝口(ナマステ)智恵
  ~ 怪しいダンス。 今年も魅せます! そして、ヨーガでリラックス ~

8) 演歌
那珂川 仁美
  ~ 那珂川町出身の異色の新人演歌歌手。 福岡発、演歌界に新風を~

9) ジャズ (トランペット)
堀尾茂雅 with キース・ステッド(piano)民谷利通(bass)藤原隆幸(dr)

10) 歌
森田としふみ with キース・ステッド(piano)民谷利通(bass)藤原隆幸(dr)

11) フィナーレ
お楽しみに。


音楽活動 | 【2011-01-28(Fri) 07:01:00】 | Trackback(-) | Comments:(0)
うりふたつ
よく言われるのが、「真依ちゃんも祐くんもママ似。」

「パパに似らんでよかったねぇ。」は耳にたこができるくらい聞き飽きました。(笑)

先日、久しぶりにあった人が、真依ちゃんとお父ちゃんを見て、

「うりふたつやねぇ。」と感想を言われました。

へー そんなこと言う人もいるんだぁと思いながら、内心にっこりのお父ちゃんでした。

110127.jpg


家族 | 【2011-01-27(Thu) 08:05:27】 | Trackback(-) | Comments:(0)
議会だよりができました
議会だより 2月1日号が完成しました。
町内の皆様にはまもなく配布されます。

私が所属している議会広報特別委員会は6名で構成されています。
12月議会中に委員会が召集され、2月1日号の議会だよりの編集の日程が決められます。
日程は、原稿集めや印刷会社とのやり取りを考慮しながら、約7日間の予定が組まれます。

そうやって出来上がったのがこの議会便りです。議会だよりは そんなにおもしろいものではありませんが、それぞれの議員の皆さんの思いや議会活動の中身をわかりやすくお伝えすることを心がけて編集しています。

どうかゴミ箱に直行しないよう、できれば書棚の片隅に置いていただければ幸いです。

110126.jpg


町議会 | 【2011-01-26(Wed) 05:32:15】 | Trackback(-) | Comments:(0)
音楽の集い Vol.3
今年もやります。
カト淳とその仲間たち 音楽の集い。
2月20日 ミリカローデン那珂川です。

ただいまポスター作成中です。

今年は最強のアーティストが集います。
演歌の新人歌手 那珂川仁美さん登場。

カト淳の相方 あかおかずのりさん。
カト淳と同級生だった フルートの萬まゆこさんも久しぶりに演奏。
関東で活躍していたプロのトランペットプレイヤー 堀尾茂雅さん。
もうすぐパパになるピアニスト キースさん。

とても楽しみです。追加情報をアップしますので、乞うご期待。


※ さくらさん & こころちゃん &  さがんばさんへ

みなさん 京都は何回も行かれたことでしょう。
それぞれ思い出がおありだと思います。
歴史あるところは魅力がありますねぇ。。。


音楽活動 | 【2011-01-25(Tue) 03:47:48】 | Trackback(-) | Comments:(0)
京都の旅 その5
昨日の続き。。。

研修会場は、ホテル本能寺という あの本能寺に隣接したホテルです。
研修開始が午後5時。その前に近くに坂本龍馬と中岡慎太郎が襲撃され命を絶った近江屋の跡があるというので訪ねました。今は石碑が立っているだけで初め通り過ぎてしまったくらいです。

110119-96.jpg

私は議員になったのが46歳。政治を続けたとして動けるのがあと20年くらいか。
遅すぎたと常々思っていました。20年しかない、と。

しかし、坂本龍馬は満31歳。吉田松陰は満29歳。高杉晋作満27歳。
他の志士たちも若くして死んでいっている。ということは、実際に活動した期間というのは10年前後。
20年もあればじゅうぶんではないか。そんな覚悟ができました。

知識としてそのようなことは知っていましたが、今回 京都を歩いてみて、維新のエネルギーを肌で感じ、勇気をもらいました。

長々と5日間にわたって京都の旅を書いてきましたが、これは6時間歩いた記録です。

それから1泊2日の研修があり、全国から若手の市議の皆さんたち約50名が学びました。
次の日の研修後、本能寺にお参りし、帰途につきました。

110119-97.jpg

京都。また行きます。


学習・研修 | 【2011-01-24(Mon) 00:00:08】 | Trackback(-) | Comments:(3)
京都の旅 その4
昨日の続き。。。

これでも議員ですので、まちの景観などのアイデアやコストなんか考えながら歩いたりしています。

110119-95.jpg

12月の一般質問では、那珂川町で架け替え予定の5橋について歴史や文化を感じさせるデザインを施すことをうったえました。執行部からは、前向きな回答をもらっています。

現人橋のデザインについては、現人神社の宮司さんのご意見を聞いたり、太宰府の橋を写真に撮ってきたりしましたが、京都の鴨川にかかる橋の長さがちょうどよく、参考になると思いました。

これは、五条大橋です。下部はコンクリートですが、上部は木を使ってあります。

110119-94.jpg

街灯のデザインも凝っています。

110119-93.jpg

明日に続く。。。

学習・研修 | 【2011-01-23(Sun) 05:21:49】 | Trackback(-) | Comments:(0)
京都の旅 その3
昨日の続き。。。

京都霊山護国神社です。

110119-8.jpg

お参りをすませて、霊山に入場。坂を上っていくと 坂本竜馬と中岡慎太郎のお墓にたどり着きました。
横には二人の小さな銅像が立っていましたが、京都市内を眺めているようです。
私の他にも多くの人たちが次々と坂を上ってきては、墓前に手を合わせていました。

そこからさらに上ると、幕末に命を落とした400名以上の志士たちの墓碑が 藩ごとに置かれています。
吉村寅太郎、木戸孝允、久坂玄瑞、高杉晋作と知っている名前がいくつも出てきます。
福岡藩士の墓もありました。平野國臣。

外圧は大きくなってきているのに何も変わらない政治体制を壊そうと、主に下級の若き志士たちが新しい時代を夢見て命をかけて戦った歴史がここにあります。霊山の空気を腹いっぱい吸い込みました。

機会があれば、再び訪れたいと思います。

110119-9.jpg

京都霊山を後にし、五条の方へ散策。聖徳太子によって建立されたという八坂の塔を見て、坂を下っていきました。

110119-92.jpg

明日に続く。。。

学習・研修 | 【2011-01-22(Sat) 23:59:38】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
12 ≪ 2011/01 ≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -