プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
転機
2年のO君とIさんが変わった。劇的にやる気が出たとです。

O君は1年のときから勉強嫌い、学校の授業中は寝てると豪語していました。 だから当然成績は悪い。 ところが、最近になって英語の宿題や暗記ができるようになってきました。
Iさんは、つい最近まで単語ひとつまともに読めなかったのに、テストをするとちゃんと書けるようになってきました。学校でもほめられるようになったそうです。

塾は今までどおりしているだけなので、何がきっかけか定かではないですが、数ヶ月変わらないように見えたのが、ここに来て急に変わったのです。遠い存在と思っていた英語が、ずっとやっていてちょっと手が届くように感じられたのかもしれません。意外に暗記って簡単やん?みたいな。生徒が変わる瞬間を見ると、嬉しいものです。

何はともあれ、英語ひとつでもいいので得意教科が出てくれれば、自信につながります。
期末テストが楽しみです。

※さくらさんへ

いつもコメントありがとうございます。いいネタがあったら教えてください。


塾生日記 | 【2008-10-31(Fri) 02:31:19】 | Trackback(-) | Comments:(0)
10万人突破!
おかげさまで、このブログも10万アクセス突破となりました。
記事の数もあと 10回ほどで 1000回に達します。
一日平均100名の方が訪問してくださったことになります。

数あるブログの中から、いつも読んでくださっている皆様、心より御礼申し上げます。
これからもよろしくお願いします。

1000回に達したら、ブログのデザインとブログのタイトル、この2つは変えます。
デザインは、ラッキーカラーに色にしようっと。
タイトルは、いつも子どもの目線でいたいので、それを思わせるものにしたいです。
いいアイデアがあったら ご提案ください。


※うえぽんさんへ

いつもR子の応援ありがとうございます。 今度R子と店長さんの漫才を見にいってあげてください。 お店教えます。

日記 | 【2008-10-30(Thu) 00:37:16】 | Trackback(-) | Comments:(1)
R子情報
R子ファンの皆様。 ホットなR子の最新ニュースをお届けする コーナーです。

R子のお母さんから得た情報です。

勉強と苦闘しながらも、なんとか続けて 油山の博多工業まで自転車で毎朝がんばって行ってるそうです。 4月以来、休んだのがたった一日だけ。 すごいですねぇ。
那珂川から博工に一緒に通う女子の友だちが2人いて、励みになっているんだと思います。

そして、あのレストランのホールのバイトも辞めないで続けているということです。 すごかねぇ。
何でも辛抱して長く続けていくのはいいことだね。

最近は、店長のことを 

「くそ店長!」

と呼んでるそうです。 塾にいる頃は、じゅくちょーのことを

「くそ塾長!」 
と呼んでいたのに、家で最近はくそが取れて、ただの「塾長」と呼んでいるらしいです。喜ばしいことです。

社会が育ててくれてるって感じがします。 R子ちゃん、よかったね。

くそ店長さん、よろしくお願いしまーす。


※ こころちゃんへ&さくらさんへ&うえぽんさんへ

今まで国民は、マスコミに政治批判を任せ、自分たちは政治に無関心で黙って税金を払ってきましたが、これからは国民全体の生活が苦しくなりますので、みんなが考えざるをえないでしょう。
若い人たちが政治に参加していかないといけないですね。
合併するかしないかで、予算の中身も大きく違ってくるそうです。5万人規模の小さな市は、政府や政党が考えている規模ではないので、交付金を減らされていじめられるでしょうね。



卒業生 | 【2008-10-29(Wed) 00:31:04】 | Trackback(-) | Comments:(1)
道州制
ご存知ですか?

2016年には、福岡県とか佐賀県という行政区分がなくなって、九州府というひとつの行政区に統一されるのがほぼ確実だということを。
今は 国があって 都道府県があって 市町村があります。
もうすぐ 国があって 府があって 自治体がある、というようになるらしい。

うそーと思うでしょ? だってあと8年しかないとですよ。
なぜそうするかって? 答えは、国が借金まみれで立ち行かなくなったから、権限も税源も地方に移してしまうからです。 いわゆる地方分権ってやつですな。

この流れは止められないようですが、その中で市町村合併の議論が出てくるはずです。

ところがですよ。 那珂川町では 合併の「が」の字も出てこんとです。
時代が大きく変わろうとしているのに、あまりに無知じゃないですか?
行政の心構え、市民の意識向上 など、 今のうちから準備すべきことがあります。


実は、昨日、大野城市まどかぴあで行われた「2016まちのかたち研究プロジェクト研究報告会」に行ってきました。市長さん主導で進められている研究報告会、会場は満員でした。 この意識の高さは何なんでしょう?

那珂川町もうかうかしてられませんぞ。


※うえぽんさんへ

X Japanについては詳しくないんですが、何かと話題が多いグループですね。
Toshi はライブで、兄から虐待を受けていたという話をしていました。



日記 | 【2008-10-28(Tue) 02:01:37】 | Trackback(-) | Comments:(3)
感動した!
広報なかがわでも紹介されていた、すぐ近所の安徳小学校の6年生が挑んだ「30人31脚」での快挙。
たまたまつけたテレビ(KBC)で、大会の模様を放映していました。
各校がどんな練習をしてきたのかを紹介した後、競技の模様を見せる構成。

安徳小のメンバーは、昨年5位に敗れ、その悔しさをバネに熱い玉木先生の指導の下、年間を通して体力づくりに努め、今回の大会に臨んだのでした。

予選は、最高タイムで見事1位通過。
しかし、ライバルの小学校が決勝で 予選よりいいタイム(9秒74)を出しました。

081026-1.jpg

そして、ラストラン。 緊張する中で、安徳小のメンバーはみんなの期待を背負い、1年間の苦しい練習の集大成としてフィールドを走り抜けました。
そして、そのタイムは・・・・?

9秒70。。。 やったぁ!

わずか、0秒04 差でライバルを抑え、横浜の全国大会出場を決めました。
すごかねすごかね~。 勝利した感動の涙と、ライバルチームの悔し涙。
じゅくちょーと真依ちゃん、思わずうるっ。 (真依ちゃんはお腹がすいただけか?)

081026-1.jpg

全国大会では、9秒2 というのが優勝をねらえるタイムだそうです。
今のタイムでは難しいですが、これから また目標を持って、がんばってちょうだい!

30人31脚 ホームページはこちら

※こころちゃんへ

先生をご紹介しますよ~ いつでもお声かけてくださ~い。


那珂川町 | 【2008-10-27(Mon) 00:10:43】 | Trackback(-) | Comments:(0)
吉野ヶ里ふるさと炎祭り
昨日は、夕方から吉野ヶ里歴史公園まで行ってきました。
那珂川町のカントリーダンスグループのみなさんがイベントに出演するので見にくるようにお誘いを受けてました。

広い公園内の周囲には出店が並んで祭りの気分を盛り上げていました。その中には、那珂川町のとりのやさんの姿も。

我々が到着したときには、すでにカントリーダンスは終わっていました^^
その日のメインは、X JapanのToshi のヒーリングライブでした。
客席の前の方には 髪がピンクや金のねぇちゃんが陣取っていました。

昔のX Japanのこともよく知らないのですが、バイオリンとチェロをバックに癒し系の歌を歌うToshiを見て、 「かわったねぇ」 という声も聞こえてきました。

いろいろ言われたときもあったみたいですが、自分のもつ社会的影響を認識した上で、信念をもって活動しているのが伝わってきました。
彼のメッセージは、「ひとりひとりが大きくても小さくても地球のひとつの部品として生きていこう」というものでした。

抜群の歌唱力、堪能させていただきました。 無料で^^

吉野ヶ里ふるさと炎祭りのページはこちら

081025-1.jpg

※うえぽんさんへ

子どもがみんなで力を合わせて演技したり歌ったりする姿っていいものですね。
ミリカのようなちゃんとした舞台の上に立つ経験は大切だと思います。


日記 | 【2008-10-26(Sun) 09:03:07】 | Trackback(-) | Comments:(2)
文化発表会
ミリカローデン那珂川で、那珂川中の文化発表会があったので見にいってきました。
以前マンモス校だった那珂川中は、那珂川北中ができて、クラスが減って1学年4クラス、1クラス35名くらいになっていました。

4クラスで競う合唱。さてどのクラスに栄冠が?

驚いたのは、普段だらしない格好している生徒たちが、この日だけは頭髪も整え、服装もピシッとしていたこと。先生方のご指導の賜物でしょう。全員優等生に見えました。

合唱にクラス全員が真剣に取り組むというのは、とても不思議なことです。
中にはやる気ない生徒やみんなと同調したくないヤンキーみたいな生徒がいるはずです。
合唱には、みんなをまとめる妙な力があるんですね。
実際、うちの塾のヤンチャ坊主たちも、一生懸命口を開けて歌っているではあーりませんか!

4クラスとも個性があって甲乙つけ難い出来でした。 

081024.jpg


塾生日記 | 【2008-10-25(Sat) 02:14:00】 | Trackback(-) | Comments:(1)
鼻水
中学生の頃だったか、親戚のおじさんが、まだちっちゃい従弟(いとこ)の鼻水を口で吸い取ってあげているのを見たことがありました。
うゎっ! よそばしかっ! (鹿島弁で汚いの意) と心の中で思ったものです。

季節の変わり目で、真依ちゃんも鼻水を垂らすことが多くなりました。先日、同級生の一ノ瀬君が来たときに、「鼻水は吸い取ってやらんといけんよー」と子育ての先輩としてのアドバイスをしてくれました。

というわけで、じゅくちょーも真依ちゃんの「鼻水吸い」にトライ!

真依ちゃんが嫌がるのと、的(鼻の穴)が小さいのでなかなかうまくいきません。ちょこっと吸えたかな?というところで終わり。あんまり効果がなかったような気がしました。でも楽しい。わが子の鼻水吸っても、よそばしかとは思いませんね。

小児科で鼻水を吸引してもらったときは、出るわ出るわ。機械にはかなわんけど、もうちょっと修行して極めよう!


家族 | 【2008-10-24(Fri) 09:12:41】 | Trackback(-) | Comments:(0)
那珂川福祉会
昨日は、所用で梶原にある那珂川福祉会を訪ねました。

ここには、あじさい、こでまり、ねむのき という介護対象別に3つの施設があります。
驚いたのは、敷地が広いこと、 利用者が多いこと、 そしてスタッフの数が多いことです。  
若いスタッフの方が多く、みなさん優しく接しておられていました。 高齢の方を相手にたいへんなお仕事だと思います。

あじさいには、かなり広いスペースとステージがあります。 恒例の子どもたちとのクリスマスコンサートは、ここでやろうかぃな? 要協議。

ねむのきの裏には川が流れていて、夏には蛍も飛び交うそうです。

081022.jpg

立派なホームページがありました。ホームページはこちら


※うえぽんさんへ

悲しいかな、やはり生徒の意識のメインは学校です。滞在時間が圧倒的に多いし、登場人物も多いですからねぇ。

那珂川町 | 【2008-10-23(Thu) 00:31:13】 | Trackback(-) | Comments:(0)
I先生
塾が終わって生徒を見送っていると、保護者とおぼしき30人規模の集団。
「なんごつですか?」 と尋ねたら、 「保護者パトロールです」 とのこと。
「お疲れ様です!」

その中に、スポーツ刈りの男の人がいて、駐輪場の那珂川中の生徒を見つけて、

「こら!A、 ボタンちゃんと閉めろ!」 「おら、T、 ちゃんと勉強したか?」

とスキンシップをしながら話しかけていました。

きっと那珂川中の先生だろうと思っていると、じゅくちょーに向かって

「Tの勉強の具合はどうですか?」 と聞いてこられました。

しばらく、生徒の成績について受け答えしているうちに、

「『U子に口で負けんせんせーがいる』と聞いて、一度会ってみたかったんです。」 とおっしゃいました。

「はい、U子には絶対負けません!」 と 念を押しておきました。

後で聞いたら、U子が所属していた陸上部の顧問で I先生といい、 口ではU子に負けるそうです。 先生も、苦労されているんですねぇ。 直感的に、子ども目線のいい先生だと思いました。

実は、じゅくちょーもお会いしたかったんですよ。 なぜなら、那珂川中の陸上部と言えば、毎年のように全国大会レベルの選手を輩出させている部です。きっと、指導者の方は、ただ者ではないと思ってました。 塾の生徒からもときどき話題にのぼります。こんな先生に関われた生徒はラッキーでしょう。


※うえぽんさんへ

たった十年くらいでこんなに変わるんですねぇ。。。


塾生日記 | 【2008-10-22(Wed) 08:39:43】 | Trackback(-) | Comments:(1)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
09 ≪ 2008/10 ≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -