プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
夢をください
個性派のU子は、進路で悩んでいます。

U子 「じゅくちょー! 私はD高校の英語科に行けますか?」

じゅくちょー 「もうちょっとがんばらなね。」

U子 「英語が好きだからD高校の英語科に行きたい。」

じゅくちょー 「でも遠いよ。今までうちの塾から行ったことのある人はおらんよ。
        H校はどう?」

U子 「H高校は校則が厳しいからいやだ。」

じゅくちょー 「なんで普通科に行くと?」

U子 「専門学校に行くため。」

じゅくちょー 「専門学校やったら 商業からでもいけるよ。普通科に行く目的は
        大学進学だよ。」

U子 「商業は何を勉強するんですか。」

じゅくちょー 「会社のお金に関する事務とかコンピューターとか。商業でがんばった
        人は就職がいいよ。 将来、何かなりたいものあるとね?」

U子 「私 夢がないっちゃんねぇ。」

それからの1時間、課題に手がつかず、考え事をする。。。

じゅくちょー 「おいおい、今できる目の前のことしよーよ。 そのことについては
        後で考えよう!」

U子 「・・・・・・、じゅくちょー、夢をください!

スペシャルな注文ですねぇ。 みんなが進路を本気で考える時期になりました。

※ うえぽんさんへ

料理がNGだったとは意外ですね。

塾生日記 | 【2008-09-30(Tue) 09:53:44】 | Trackback(-) | Comments:(1)
サブジのカレー
念願かなって。。。。。

土曜日の「カレー食べたい病」のため、我が家の話題は、どこで食べるかになっていました。アバシもいいけど、博多南駅前の藁(わら)か、サブジか。。。あ、名誉のため付け加えておきますが、雅子さんもカレーは上手に作りきるとですよ。

結局、サブジに行きました。

不思議なことが。車の中でじゅくちょーが、ジャーニーの「Open Arms」を鼻歌で歌っていたとです。サブジに入って席についたら、なんとその曲が流れているではあーりませんか。これは、カレーを食べたい想いが予知能力となったのか?

雅子さんは骨付き鶏肉のスープカレー、じゅくちょーはひき肉のカレーを注文しました。久しぶりに食べましたが、いい味してます~。以前、博多南駅ビルの「まちの駅」でレトルト食品を販売しておられました。最近は、岩田屋にも商品を出しているそうです。

 

ごちそうさまでした~ サブジの紹介ページはこちら

YouTubeのOpen Armsはこちら

那珂川町 | 【2008-09-29(Mon) 08:03:31】 | Trackback(-) | Comments:(1)
那珂川中バザー
塾生からバザーに誘われたので、家族で行ってきました。
カレーが食べたい~、頭の中と口の中はカレーしかイメージしてませんでした。
しかし、行ってみたら売り切れていました。。。トホホ
仕方なく うどん&焼きそばをいただきました。

何人かの生徒と会いました。学校の友だちといるときは、塾とは違う表情だったりして、生き生きとして楽しそうでした。



カレーが食べたい。



塾生日記 | 【2008-09-28(Sun) 03:07:43】 | Trackback(-) | Comments:(1)
ロカビリー先生と会うの巻
このブログで知り合った、県内のとある場所のとある塾の塾長先生こと、ロカビリー先生と初めてお会いしました。場所は、じゅくちょーのホームグラウンド、警固のライブハウス「Space Terra」。待ち合わせ時間が塾が終わった後の11時30分。

じゅくちょーは、健康のために、チャリで行こうと決意。本当は帰りのタクシー代を節約するためよん~。夜10時30分に自転車で出発して11時30分ちょうどに到着しました。夜風が心地よかったですよ。

ロカビリー先生とは初めてお会いしましたが、ずいぶん前から知っているような感じがするというか、同じ匂いがしました。一見、理科系のような、そして線の細いような印象を受けました。しかし、実は文系、そして、ブルースミュージシャン、スポーツはボクシング、といった意外な面を持ったおもしろい先生でした。

Space TerraのYascoさんのピアノで ビートルズのI Saw Her Standing Thereを歌ってくれましたが、キーが高くて声量もあって素晴らしい声でした。いつか一緒にライブができたらいいですねぇ。

1時半くらいまで話をしてお開きになりました。あ~楽しかった!
その後、じゅくちょーは自転車で那珂川町まで帰ったとさ。

You Tube の I saw her standing there

※うえぽんさんへ

ミナちゃん 耳がいいですねぇ。あなどれない^^  ライブ お暇でしたらどうぞ~

日記 | 【2008-09-27(Sat) 09:46:04】 | Trackback(-) | Comments:(0)
Jazz in Nakagawa (ライブのお知らせ)
ライブの詳細が決まりました。

日時:11月15日(土) 午後6時半開場  午後7時開演
場所:竹田胃腸科外科医院 ケアスタジオ
     那珂川町中原3-29 ジョイフルと英進館の間
料金:前売 2000円  当日 2500円(ワンドリンク付)
出演:緒方裕光(ギター)・民谷利通(ベース)・藤原隆幸(パーカッション)
    じゅくちょー(ボーカル)

緒方さん/現在も日本各地で演奏活動を続けるプロギタリストです。
       ホームページはこちら
民谷さん/東京でプロデビューを果たし、ジャズシーンで活躍。現在は九州各地の
       ライブハウスでジャズの演奏活動を行ってます。
藤原さん/ポプコンの全国大会で入賞しプロデビュー。現在は九州各地のライブ
       ハウスで演奏活動を行ってます。
じゅくちょー/笑っていいとも4回出場、なんでお笑いやねん!

チケットはキューボックスで発売中。
LA♪し系ミュージックを聴きに来てください。

080925.jpg




音楽活動 | 【2008-09-26(Fri) 07:59:43】 | Trackback(-) | Comments:(1)
文化財散策ルートマップ
那珂川町の文化財散策ルート活用推進委員とやらに、インターネットに精通しているという理由で選ばれまして、第一回の会議に行って参りました。メンバーの方は、魚の専門家、野鳥の専門家、植物の専門家、環境の会の方などそうそうたるメンバーです。

那珂川町の文化財をめぐる散策コースを作るという前町長の公約を基に予算がついて、博多南駅から山田地区までの散策コースをマップにするという計画だそうです。

じゅくちょーは、こんな紙媒体のマップはコストがかかるし、紙面にも限りがあるから情報量も少ないので、紙媒体のマップはやめにして、インターネットのウェブサイトでマップを公開しましょう!と主張しています。

どんな話になるやら・・・

那珂川町 | 【2008-09-25(Thu) 01:53:43】 | Trackback(-) | Comments:(0)
成竹山へ
昨日は生徒4人と成竹山に行ってきました~
車で中腹まで行ったので楽ちんでした。

じゅくちょーは先頭で歩いていて、動く物体を発見!蛇でした。
マムシやったかも??蛇嫌いのじゅくちょーは心臓が10秒程止まっていました。
それからは木の枝で前方をたたいて音を出しながら進むことに。

展望所に着いたら自然楽会の白水さんが先に来て待っていてくれました。そして芝生の間から出てきている雑草を一時間ほど抜く作業をしました。その後、それぞれが持参した弁当を食べて下山しました。



※うえぽんさんへ

思うに、鹿島は変人が多いですね。でも徳本君は、成績はよかったですが中学・高校時代はあまり目立たない存在でした。秘めた志があったとですね。

※さくらさんへ

若者の判断基準としてそれはいいことですね。今の自分なら、親や奥さんや子どもとも言えます。

塾生日記 | 【2008-09-24(Wed) 09:31:08】 | Trackback(-) | Comments:(0)
徳本栄一郎君
昨日、お客さんの家にお邪魔しているときに、文芸春秋があったので目次を見てみると、「白洲次郎 知られざる素顔  徳本栄一郎」という見出しがありました。徳本君は我が鹿島高校の同級生です。大学卒業後、ロイター通信を経て、独立してフリージャーナリストとなって、大手の出版社の月刊誌や新聞などに寄稿しています。その道では、一目置かれる存在となって、あの田原総一郎を怒らせたこともあるそうです。

同級生として心配なのは、皇室関係や長崎新幹線の問題など、きわどい内容の記事が多いので、命が狙われないかということです。正月にあった同窓会のときの二次会で隣席に座ったのでいろいろと話すことができましたが、印象的だったのは彼の記事を書くときのポリシーです。

「自分はお袋が喜ぶ記事を

           書くようにしている」


かっこいいじゃあーりませんか。ジャーナリストとして真実を伝え正義を貫く、と言う意と解釈しましたが、とてもわかりやすい、愛情あふれる表現ですね。

春先に白洲次郎の件でイギリスに取材に行ってくると言っていたので、それがこの文芸春秋の記事となったんでしょうね。

がんばれ、徳本君!

日記 | 【2008-09-23(Tue) 09:35:18】 | Trackback(-) | Comments:(2)
模擬テストでしたが・・・
昨日は3年生の模擬テストでした。

もゼミでは、これまで3年生の進路指導に模擬テストの成績結果を用いるためと、入試形式の試験に慣れてもらうために、塾生全員に受験させていました。
しかし、試験代が3100円でこれを毎月支払っていくことを考えると受験は強制できないと思われます。また、成績が芳しくない生徒は、結果を知ることが億劫であったりします。
そういった理由で、今年から希望者のみが受験することにしました。

最近、とある会社経営者(41歳)の話を聞きました。
中学まではつっぱり、中学卒業して働き出して、23歳で会社を興し、28歳のときに会社が潰れて借金に追われ、1年8ヶ月はホームレスをして過ごし、その後、一念発起して事業を起こし今がある、という話でした。いろいろと経験して思ったことは、時間の使い方が最も大切で、目標を決めたらとにかく時間を無駄にせず勉強し強い意志を持って働くこと、だそうです。

失敗を経てたたき上げで上がっていった人の話には説得力があります。学校で習ったことはひとつもありません。模擬試験をやっても生きる力やそのヒントは身につきません。こういった泥臭い生の声こそ、多くの子どもに聞かせてあげたいと思うのでした。


※さくらさんへ

はい、あれは複雑過ぎるので教えるのは困難です。画像処理は、トリミングとサイズ変更と明るさの調整くらいでよいですよ。


教育 | 【2008-09-22(Mon) 00:05:39】 | Trackback(-) | Comments:(0)
3枚を1枚に・・・
こんにちは。パソコンの先生です。

「3枚の写真を1枚にしてください」と知り合いから頼まれごと。敬老会の写真をみなさんにお配りしたいということです。



左の2枚の写真には、最前列の真ん中の方がどちらにも写っていませんし、3列目と4列目の人は両方に写っている人がいます。最前列の真ん中の人の写真を取り直したということで、一人だけ写っている写真が一番右の写真です。

これをひとつにするのに、PaintShopProという画像処理ソフトを使いました。
レイヤーという機能を使うと、アニメのセルのように写真を重ねていくことができます。
そして、ダブっている部分は範囲を選択して削除したり、洋服が消えて不自然なところは服の柄をコピーしてきて貼り付けたりといった操作を小まめにやります。ちょうど真ん中の背景の紅白もコピーしてきて作りました。
最後に、一人の写真の人物だけ切り取って、サイズを他の人物に合わせて写真になじむようにぼかし等を入れて完成です。

できあがったのが下の写真です。作業時間は30分ほどでした。




※うえぽんさんへ

信じられない事件が近くで起こります。本当に嫌な気分になります。

※さくらさんへ

よく考えたら、夜帰りが遅いので、平日は一緒にいる時間がほとんどないっ!?
トホホ・・・



日記 | 【2008-09-21(Sun) 08:55:31】 | Trackback(-) | Comments:(1)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
08 ≪ 2008/09 ≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -