プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
お化け屋敷打ち上げ
8月1~3日に湯あみの郷の駐車場で開催された「お化け屋敷」の打ち上げがありました。
今年もゼミを卒業した生徒たちが、お化けに扮したり、綿菓子やヨーヨーを販売してくれて大活躍でした。

打ち上げは主催者の板東さんからのプレゼントで、始めに

「これから勉強も大切だけど、他人に声かけができるようになってください。声かけができると人とつながりができます。」

という貴重なお言葉をいただきました。

みんな腹いっぱい食べて、風呂に入って 満足。  ご苦労さんでした。

080830.jpg


卒業生 | 【2008-08-31(Sun) 00:05:43】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ライブ企画中
昨日で1・2年生は夏期講習が終わりました。
まだ学校の宿題が終わらなくて、ちびまるこちゃん状態の生徒も数名。
夏期講習は18日間ほどありましたが、半分以上の生徒が皆勤賞でした。
みんなお疲れ様。

警固のライブハウスのママから電話で呼び出しがかかったので、塾が終わった後行ってきたとです。
ジャズのいいところは、初顔合わせでも、聞いたことがない曲でも、譜面さえあれば演奏できるところです。このときは、飲みにきていたミュージシャンと意気投合して、ピアノトリオとサックスとじゅくちょーのボーカル、5人でセッションとなりました。

11月15日に那珂川町でライブを企画中です。詳細が決まったらお知らせします。

080828-3.jpg

※ さくらさんへ

ありがとうございます。もうすぐ学校が始まりますね。休みぼけしてませんか?


音楽活動 | 【2008-08-30(Sat) 00:39:58】 | Trackback(-) | Comments:(1)
45歳
いやはや 昨日で45歳になってしもうたとです。
23の年で働き出して22年。残り働けるとしてあと20年余。
もう仕事できる期間の中間地点を過ぎとるとです。

これまで自分が何をしてきて、これから何をすべきか。思案中。

ただ、今は塾生と毎日会うのが楽しいです。

恒例の じゅくちょーの誕生日にアイスをおごってあげて、強制的にハッピーバースデーを歌わせてお祝いしていただきました。

あれだけこぼさないように注意してティッシュを2枚ずつ配ったのに、アイスのかけらを床に落として、しかも、スリッパで踏んでアイスの液体を散乱させている生徒もいました。 アイスのベトベトの恐怖を知っているのはじゅくちょーだけ。だから床を拭くのはじゅくちょー。

ここで一句。

誕生日 アイスおごりて 拭き掃除



※ うえぽんさんへ

お久しぶりです。気になってました。災難だったですねぇ。うちもクーラーやられました。


塾生日記 | 【2008-08-29(Fri) 00:51:29】 | Trackback(-) | Comments:(1)
漫画家目指してます!
2年生のMさんは、漫画家を本気で目指しているそうです。
数学の時間は眠たくなるのですが、休み時間になると目がパッチリ開いて下のような絵を描いています。

けっこう本格的で手がこんでいるんですよ。
はがきの裏に、鉛筆で下書きをして、ペンで描いて、市販されているという網かけのシールを貼ってカッターで不要な部分を切りとってます。
漫画雑誌に投稿して採用されるのが今の目標だそうです。

上手いでしょ? こんな趣味があって、しかもこんなにうまいとは驚きでした。
もうペンネームも考えているみたいですよ。夢がかなうといいですね。

080827-1.jpg

※ こころちゃんへ

ご希望の方には貸し出ししています。(笑) その気になったらおっしゃってください。

塾生日記 | 【2008-08-28(Thu) 00:54:48】 | Trackback(-) | Comments:(1)
日本地図パズル
中3生の県名と県庁所在地が苦手な生徒に新兵器登場。

COSTCOに行ったときに、公文が販売している地図パズルが売ってたので購入しました。

A君が真剣に取り組んでいるので、問題を出したり県の特徴を教えたりして付き合いました。1時間後、晴れて全部暗記することができました。

「これ、すげーやん? 絶対K(←友達)もやった方がいいって!」

と太鼓判を押してました。 公文 恐るべし。

080827.jpg

塾生日記 | 【2008-08-27(Wed) 01:12:37】 | Trackback(-) | Comments:(1)
卒業生と居酒屋で
先週の金曜日の話です。

卒業生の志田原さんからメールが入って 食事のお誘いをうけました。
居酒屋と焼肉どっちがいいですか?と尋ねられ、居酒屋のHANA(ヌルボンの2階)に行くことになりました。それから志田原さんが同級生に連絡してくれて、生徒7人集まってのミニ同窓会となりました。
ちなみに真依ちゃんも雅子さんを連れて参加、居酒屋初体験。すぐ帰りましたけどね。

集まったみなさんは今年24歳になる学年です。たいそうおきれいになられてますね。(男性は男らしく) できるだけ旬の時期に結婚しましょうね。(老爺心です。)

080825-1.jpg

居酒屋に集まったというのに、運転やら飲めないやらで、結局アルコール頼んだのはじゅくちょーだけ! はいぃぃ~?

楽しい集まりでした。


※ 石鹸の先生へ

△さんのブリザードフラワーは伝説になってますよね。
この前は重いものを運んでいただき御苦労さまでした。ブチ切れませんでした?


卒業生 | 【2008-08-26(Tue) 00:00:58】 | Trackback(-) | Comments:(1)
南十字星
昨日の夜は、博多駅・南のベトナム料理屋さん「南十字星」に行ってきました。
雅子さんとじゅくちょーの誕生日のちょうど中間の日で、結婚前に来て以来3年ぶりでした。
3年前のあの日、雅子さんが予想外によく食べて驚いたことでした。
このお店の魅力は家庭的な味がとってもリーズナブルに味わえることでしょうか。


080824-1.jpg

ベトナム料理と言えば、なんといっても 生春巻と揚げ春巻、それと フォーですね。フォーとは米粉でできた麺でうどんのような感覚ですが、ニラやセロリ香菜がはいっていて暑い夏にはぴったり! 
そう言えば、キューボックスの△さんは、フォーのことを

フェー と何度も連呼していましたっけ!?

 
          生春巻                  トマトの肉づめ


何度食べても飽きない素朴な味です・・・。

南十字星の地図はこちら


家族 | 【2008-08-25(Mon) 00:52:32】 | Trackback(-) | Comments:(2)
花火
昨日は祭りなかがわでした。
去年の花火は真依ちゃんは花火を見ても何の反応もありませんでした。

1年たった今年はどうでしょう? 

花火の音がしてから家族で外に出ました。

光って音がする方を指をさして 「れ!?」 と 反応してました。
でも、終わり頃には飽きて寝てしまいました~。。。





日記 | 【2008-08-24(Sun) 08:44:25】 | Trackback(-) | Comments:(0)
篠栗 番外編
じゅくちょーは、体力の回復に合宿の2日後までかかりました。

篠栗は今まで馴染みがなかったのですが、若杉山の登山道中で、多くの石仏に出会い、その霊的な雰囲気を堪能してきました。

山の中腹に、旅館が何軒もあるんですよね。誰が泊まるんだろう? 営業が成り立つのか?なんて余計な心配までしてしまいました。

[篠栗霊場の歴史]

篠栗は、今から千二百年前にお大師様(弘法大師空海)が、真言密教を悟り唐の国(中国)より帰ってきた際に、若杉山(奥の院)を訪れ、加持修法によって人々を救済した地で、古来より若杉山を神仏の集う霊山と仰ぎ山岳信仰や真言密教の聖地として多くの高僧や修行者が訪れてお堂が立ち並び隆盛を極めていたと伝えられている。 (篠栗町観光協会ホームページより)

いやー、なーんにも知りませんでした。 すごい場所だったとですね。

>

初めにお地蔵様にお会いした場所で、お地蔵さんひとりひとりに1円ずつお上げしてましたら、次から次から次にお地蔵様や観音様や阿弥陀様が現れてこられるので、お金が足りなくなってしまいました。それでお参りだけして過ぎていきました。すみませーん。

将来、仕事をやめたらゆっくり散策したい場所ですね。



※ さくらさんへ

ありがとうございます。15年間生きてきて一番きつかったという感想もありました。


日記 | 【2008-08-23(Sat) 08:30:44】 | Trackback(-) | Comments:(1)
篠栗鍛錬合宿 その4
女子ソフトボール、金メダルおめでたいですね。上野投手のど根性には勇気づけられます。

さて、わが塾の根性の話です。

米ノ山展望所までの登山は生徒にとって(じゅくちょーにとっても)ハードなものでした。
自転車を登山道の入り口付近のわきにとめて、みんなで歩き出しましたが、歩くスピードが生徒によって全然違います。速い子たちはずっと先まで行ってます。身体が重そうな1年のK君は超マイペースでみんなからおくれて、石を竹やぶに投げながら、「こんなの絶対無理」とか言いながら歩いてます。

途中、みんなで2回休憩をとって、2時間半かけて目的地の展望所に到着しました。
そのとき見たのは、博多湾から背振山系まで見渡せるパノラマでした。
さすがに、疲れてた生徒たちも 「うゎーすげぇ」と歓声をあげていました。
この瞬間のために登るようなもんですからね。

ここまでは自動車が別ルートで上ってこれるようになっていて、研修センターで手配してもらっていた弁当を届けてもらいました。 景色を見ながら弁当を食べて、記念写真を撮って、下山。ふもとまで下りるのには2時間ほどかかりました。

山道を往復4時間半かけて歩いて、さらに那珂川町まで自転車をこがないといけません。さすがに足は重くなっていましたが、みんな最後の力をふりしぼって家をめざしました。約2時間かけて那珂川町に到着。コンビニで解散をしました。

ここから南畑までさらに40分かかって帰ったSさんはかわいそうでした。
お母さんの話では、家に着いたときの第一声が 「はんぱなーい!」 だったそうです。 

こうして過酷な一泊二日の合宿は、文字通りの鍛錬合宿となりました。

みんな、お疲れ様~




アルバムは↓こちら

“篠栗鍛錬合宿 その4”の続きを読む>>
塾生日記 | 【2008-08-22(Fri) 07:36:58】 | Trackback(-) | Comments:(1)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
07 ≪ 2008/08 ≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -