プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
コミュニケーション
ここ数日のうちに、真依ちゃんが物真似をできるようになりました。

「あっ、あっ」と声をかけると、真依ちゃんも「あっ、あっ」 と返します。鼻をすすった音を出すと、同じ音を出します。喉を鳴らすと、喉を鳴らします。

そして、「もりたまいさーん」といいながら手を挙げる動作を何回も見せているうちに、「もりたまいさーん」と呼ぶと、即座に手をあげたり、「はぁぁぁ」と返事したりできるようになりました。

これには驚きました。いつの間にかこんなに知恵がついてきてたんですね。
会話が一方通行じゃなくて、コミュニケーションが取れるって素晴らしいことだと気づかされました。

昨日は、雨の中、使っていない電動式ベッドを佐賀の母の家まで持っていきました。
佐賀市内を流れる多布施川は、川沿いに桜が並んでいて、風情がある場所です。
これからが見頃です。足を伸ばしてみてはいかがですか?



龍登園前の鯉のぼりもパチリ。



※ うえぽんさんへ

塾の生徒もわが子も、どんどん成長していきます。 それを見ていられる幸せ^^

家族 | 【2008-03-31(Mon) 02:21:26】 | Trackback(-) | Comments:(2)
進路報告&たこパー
またまた進路報告に来てくれました。
集まったのが、夜9時。

自分たちで近くのスーパーに買出しに行って、キャベツ切ったり卵割って粉混ぜたり、話し合いながらそれぞれが働いているではあーりませんか!

これは驚きです。 中学生のときは、何から何まで指示しないと動かなかった彼らが、何も言われなくても仕事を見つけて動いているんです。この3年間で、成長したんですね。
じゅくちゅーは嬉しいぞ。

今は深夜0時を回りましたが、バイトが終わって11時半に合流した卒業生もいて、まだまだ続きそうです。



左から、田島君(大企業のIHIの関連会社に就職が決まり、明日東京に旅立ちます。)、古藤君(福大の建築学科に進学)、平野君(地元の硝子会社に就職)、萬君(福大の人文学科に進学)、和泉君(大分大学に進学、あと6時間後に出発)、白石君(福大商学部に進学)。



左から 上野君(福工大の情報処理関係の学科に進学)、黒木君(東大受験を目指して浪人)。

楽しい夜です。

卒業生 | 【2008-03-30(Sun) 00:24:31】 | Trackback(-) | Comments:(1)
進路報告
この春 高校を卒業した3人が進路報告に来てくれました。

右から岡崎君、早々と推薦で中央大学に合格を決めていました。明日、東京に旅立ちます。

中央が和泉君、センター試験が悪すぎたので二次試験の勉強は全くしなかったのに、なぜか大分大学に合格してしまったそうです。

左が神代君、京都大学を受験しましたが撃沈。浪人するそうです。

報告ありがとさん。




※ さくらさんへ

お久しぶりでーす。 おかげさまで楽しい旅行でした。 真依ちゃん物真似ができるようになりましたよ。

※ shikiさんへ

また遊びに来てください。 お子さんお待ちしてまーす。

※ terakoyaさんへ

レクレーションお疲れ様でした。都会の子は顔つきが違いますねぇ。

卒業生 | 【2008-03-29(Sat) 00:10:37】 | Trackback(-) | Comments:(0)
山口旅行~山菜取り
食事の後は、生徒たちは明け方近くまで話していたみたいです。翌朝は10時くらいになってやっと起きてきました。それから、山菜を採りに散策に近所に歩いて出かけました。
周りは田んぼ、畦には様々な野草が生えています。つくしが顔を出していました。

 

フキノトウ・セリ・ヨモギ・ノビル・ツクシなどをみんなで手分けして集めました。
初めての体験にみんな喜んでいました。I君ははまって、そのへんの草を手当たり次第試食して「うわっ、にげぇー」などと叫んでいました。ま、こんなときにもぼーとして働かないやつもおりましたが・・・

 

家に帰ってからは、みんなで食事の準備。かまどの火を起こすのは初心者には無理でした。
摘んできた野草を食べられるようにして、清水さんに料理を作ってもらいました。
ツクシはオムレツに、ノビルは酢味噌、ヨモギは天ぷらにしてくれました。

 

食事が終わってから、一路那珂川町へ戻りました。
そして、解散。 3年生の塾の最後のイベントでした。
みんな、元気でがんばってちょーだい。 清水さんと雅子さんのお父さんに感謝!


※うえぽんさんへ

やっぱり子どもは体験が一番だと思います。勉強はその次です。それは清水さんの考えと一致するところで、だからこうやって協力してくれます。



塾生日記 | 【2008-03-28(Fri) 08:30:31】 | Trackback(-) | Comments:(3)
山口旅行~山村の夜
暗くなる前に、さきに菊川町の銭湯(温泉)に生徒を送って先にお風呂に入ってもらいました。
その間に清水さんが晩御飯を準備してくれることに。

2月にひとりで行ったとき初めて火を入れた手製のカマドはもうじゅうぶんに稼動していて、ご飯と豚汁を同時に調理してくれました。



生徒もそれぞれ 言われるままにお手伝いをしてくれました。ただ、こんな時に家でどれだけ家事を手伝ってくれるかがよくわかります。
合言葉は 「仕事は 見つける」 でしたが、人が働いてもぼーっとしている子、何か頼むと、「え?俺がですか?」と反射的に言う子など様々です。言われたことはやるけどそれ以上のことはしない。例えば、5個あるコップを指差して片付けてとお願いしたら、指の方向にある1個だけを片付けるとか。。。
見てるとイライラしますが、この意識改革には1週間くらいの合宿が必要でしょう。一泊じゃ無理だ。



清水さんは、そんなことは百も承知で寛大です。刺身と イカと大根の煮付け、豚汁がおかずと思いきや、食べてる途中に食卓の脇で、炭焼きを始め、牛肉・椎茸・鶏肉、アジの開きなどを次々に焼いて、生徒に食べさせてくれました。



生徒たちは、何でもやってしまう清水さんに、「すげー、ばりすげー」、出される料理には、「うめー、ばりうめー、やっべー」の連発でした。他に形容詞はないんかぃ?

続く

※うえぽんさんへ

まさやくんは、科学者ですね^^ 鍾乳洞は幻想的で子どもにもインパクトあったみたいです。

塾生日記 | 【2008-03-27(Thu) 08:35:18】 | Trackback(-) | Comments:(1)
山口旅行~萩
この雨では このまま家にいってもやることがない、ということで、急遽 萩の松下村塾に行くことになりました。

秋芳洞が入場料 中学生950円も取る(取りすぎやろ)のに対して、松下村塾は無料です。さすが、懐が深い。ありがたいです。吉田松陰先生。

明治維新は日本史上、最大とも言える市民革命で、それまでの封建制、身分制を 廃止して、誰もが平等で、自由な生き方を選択できるようになった。その原動力となったのが薩摩と長州の若者たち。長州の若者たちの多く(高杉晋作、伊藤博文、山県有朋ら)が、この塾で吉田松陰先生に教えを受けた。

といっても、江戸時代の前は平安?とか言う生徒には、豚に真珠でした。



そんなことより、吉田松陰先生を奉ってある神社のおみくじに一喜一憂していました。
生徒のうち2人が凶を引きましたが、その代わりに 御箸をもらって喜んでいました。



その後、一路 清水さんの家に向かいました。途中、ある事件が・・・ 後日申し上げます。

清水さんの家に着いたのが夕方5時頃になりました。



続く

※うえぽんさんへ

メルちゃんってすぐわかるところがすごいですね。じゅくちょーは初めて知りました。
お察しのとおり、もうすでに真依ちゃん連れまわしています。

塾生日記 | 【2008-03-26(Wed) 00:37:28】 | Trackback(-) | Comments:(0)
山口旅行~秋芳洞
さあ、待ちに待った山口旅行。入試が終わってほっとしている3年生全員が参加することになりました。朝8時に集合、ということでしたが、遅刻常習犯のT君は8時10分、Yさんは時間を間違えて8時20分に来て、結局出発は8時25分。じゅくちょーと、雅子さんのお父さんと、清水さんの車3台に分乗していよいよ出発。太宰府インターから山口の美祢インターまで高速で1時間半くらいかかりました。

車の中で最近の近況を聞いてみました。
T君、東区にある高校の説明会に初めて新幹線と電車で行ったそうです。さっそく、博多駅での乗り換えで迷って、警察のお世話になったとか・・・。それでもなんとかたどり着いたそうです。成長おめでとう!

秋芳洞に着いたときは、あいにくの雨と強い風で、傘をさしても足元が濡れてしまうほどでした。

 

ほとんどの生徒が秋芳洞のような鍾乳洞が初めてで、感動していました。最近携帯電話を買ってもらった生徒もいて、携帯で写真をとりまくっていました。空気と水が澄んでいてリフレッシュできましたよ。

 

秋芳洞を後にして、急遽萩に行くことになりました。途中、秋吉台を通りました。初めて見るこの風景に、I君は、

「うわっ、これ、やべー」 を連発して感動していました。

080325-5.jpg

続く


※うえぽんさんへ

真依ちゃんもお姫様高校の後輩になりまーす。
それと、うえぽんさんの個展はいつになりますか?

塾生日記 | 【2008-03-25(Tue) 08:26:17】 | Trackback(-) | Comments:(1)
今頃は
今日のブログは昨日のうちに書いたブログでございます。
今頃じゅくちょーは、山口県内にいると思われます。
卒業生と一緒です。明日のブログに、今日の出来事をアップするのでお楽しみに。

おまけに真依ちゃんのびっくり写真をご覧ください。たまたまですが、真依ちゃんが哺乳瓶を赤ちゃんの人形にあげているところです。ママゴトにはほど遠く、まだよくわからないで哺乳瓶を握って遊んでいるだけなんですけどね。

080322.jpg

塾生日記 | 【2008-03-24(Mon) 01:17:08】 | Trackback(-) | Comments:(1)
まっちょ
正月の同窓会で演奏したときのメンバーのひとり、松尾くん、通称まっちょは、東京でカメラマンやってます。日大の芸術学部の写真科を卒業してカメラの世界へ。今は独立しています。

仕事では、僕らが中学時代憧れていた 「風」の正やんのライブビデオ撮影を請け負ったり、X-Japanの解散コンサートのビデオを撮影したりしたそうです。最近も、X-Japanのtoshiのプロモーションビデオを撮影したとか。すごかねぇ。

昨日久しぶりにメールがきました。陶芸家の(若い!28歳?)奥さんの東京で初めての個展があるのでその手伝いをしているそうです。

友だちが、その道の一線で活躍しているって 誇らしいですねぇ。もちろん、会話の中で、成功の影には苦悩があることも垣間見えます。その中でがんばっている姿は励みになります。
じゅくちょーもがんばろー!


日記 | 【2008-03-23(Sun) 01:16:01】 | Trackback(-) | Comments:(1)
東大ですよ、東大
塾の卒業生で、今年現役で、東京大学を受験した生徒がいます。東大ですよ。東大。
色の黒い黒木君という男子生徒です。彼は中1のときからもゼミに来てて、性格も明るく部活もテニスに燃え、勉強もしっかりするという、まぁ言うことなしの生徒でした。

筑紫丘高校に進学して、成績もトップクラスだったそうで、正月に会ったときに「東大を受験します」と聞いていたので気になっていました。だって、もゼミ初ですよ。東大。その勇気に乾杯!

結果は、爆沈したと電話がありました。残念~! 浪人して再チャレンジするそうです。

今日のニュースで、東大が来年度から年収400万円未満の家庭の学生の授業料を全額免除にする、とありました。よかったね。真依ちゃん。


※うえぽんさんへ

ちびちゃんも連れていってあげたら塾の先生も喜びますよ。孫みたいなもんですから。




卒業生 | 【2008-03-22(Sat) 08:01:56】 | Trackback(-) | Comments:(1)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
02 ≪ 2008/03 ≫ 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -