プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ハッピーエンド
いやぁ、がっぱい(鹿島弁でがばいの意)おもしろかったね。どんど晴れ。

5月くらいから見るようになって、毎日欠かさずみました。毎日見たのはちゅらさん以来かな。
7時半から衛星第2、7時45分からデジタル衛星ハイビジョンで、総合で8時15分からと、ちょっと寝坊してもちゃんと見られました。旅行でいないときは、雅子さんのお父さんに録画してもらって帰って見たりして最後まで休まず見ました。

続きは↓

“ハッピーエンド”の続きを読む>>
日記 | 【2007-09-30(Sun) 07:56:40】 | Trackback(-) | Comments:(1)
免許の更新
免許の更新を忘れるところでした。
誕生日の前後1ヶ月内に更新に行かなければなりません。

誕生日が8月28日、1ヶ月前の7月28日頃は行く気満々でしたが、夏期講習が始まって行けず、お盆に行くつもりがイルカを見てたら忘れ、夏期講習が終わった頃に行くつもりが暑さで忘れ、その後1ヶ月はすっかり記憶から消えて無くなっていました。

26日の夜、机の上に見覚えのあるハガキを発見!

これ、なんやったっけ? 税金の督促か? 払いよーやん?

と、思って見たら、免許更新のお知らせハガキですやん?

が~ん 忘れとったよ、おぃ。

27日はパソコン教室で行けず、期限ぎりぎりの28日にやっと行くことができたのでした。


※かえるだぴょん*さんへ

少し勉強ができて普通科に行った大勢の子たちが進路が決まらないのだと思います。中途半端はいけないです。

※ueponさんへ

秘書&水上安全救命士???また新たな引き出しが・・・ 

※Tonyさんへ

がんばってくださいね。


日記 | 【2007-09-29(Sat) 01:52:14】 | Trackback(-) | Comments:(1)
就職内定報告!
嬉しい報告です。
九産高校の機械科に進学した田島君。3年生ですが、就職が内定したそうです。
前回登場は こちら

おめでとう!

大企業の石川島なんちゃらの子会社で東京に出ていくそうです。
これまでに資格を20個ほど取得したそうで、就職試験に際しては学校推薦をもらったとのことです。偉かねー。よーがんばった。

小学生と畑に行ったら、もゼミ菜園で待っていてくれました。
種まきを一緒にしてくれて、小学生の相手もしてくれて、助かりました。

070927-1.jpg

※ わたしはさくらさんへ
  公園デビューが楽しみです。

※ かえるだぴょんさんへ
  真依ちゃんの裸がみられなくってよかった!

卒業生 | 【2007-09-28(Fri) 01:30:14】 | Trackback(-) | Comments:(2)
わおっ
うちのアパートは4階建の2階部分にあります。
前には公園があって、脊振が見えて眺めもよく気にいってます。

昨日のこと、朝シャワーを浴びて浴室から出てきたら正面に人が!
かろうじて、パンツははいていましたが、上半身は裸のじゅくちょー。
おじさんに惜しげもなくちょっとメタポな肉体をさらけ出したのでした。

「なんで?」一瞬目を疑いました。

よく見たら、公園の木の剪定をしているシルバーのおじさんのようでした。

070926-1.jpg



※ueponさんへ

空港のアルバイトの話もいつか書きますね。



日記 | 【2007-09-27(Thu) 00:25:41】 | Trackback(-) | Comments:(2)
卒業生が遊びにきました
東京の航空会社の子会社に今年就職した井上君が帰省してきたということで、卒業生(23歳)が数名集まって夜10時に塾に集合しました。

後列左から

井上誠君は羽田で働いているそうです。じゅくちょーも大学の頃、半年ほど羽田で貨物のアルバイトをしたことがありますので、仕事のことで共通話題がありました。

井上竜一君は薬学部の4年生ですが、来年大学院に進むことが決まっているそうです。

志田原さんと川畑さんは、看護士として奮闘中、忙しくてたいへんだとのこと。

三角さん、小学校の先生です。今度の日曜日が運動会、体力勝負だそうです。

徳永さん、もうすぐ民営化する郵政省勤務。年賀状の予約がありましたら、徳永さんにお願いしてください。

和泉さん、製紙会社の営業事務に就職したということです。

仲のよい学年で今でもちょくちょく集まってくれます。
みんなの成長が見られてじゅくちょー冥利につきます。

070925-1.jpg


※ ueponさんへ

この歳で教えられることばっかりです。
ご主人のおっしゃるように、R子にTATOOの写真見せたらまた心変わりするかもです^^やば!



卒業生 | 【2007-09-26(Wed) 01:59:13】 | Trackback(-) | Comments:(1)
真依ちゃん鹿島へ行く
真依を初めて鹿島に連れていきました。
今日で4ヶ月になりますが、父と対面するのも初めてでした。父も喜んでくれて何よりでした。

その後、お寺に立ち寄って、森田家先祖代々のお墓に真依誕生の報告をしました。

続きは↓

“真依ちゃん鹿島へ行く”の続きを読む>>
家族 | 【2007-09-25(Tue) 00:15:00】 | Trackback(-) | Comments:(1)
進路についての考え
今日は更新が遅くなりました。ごめんちゃい。
書くのに時間がかかったとです。

みきさんから進路についてのコメントが入りました。
うーん、進路って決めることが難しいです。将来に対する責任を考えると荷が重いです。

じゅくちょーなりの進路についての考えを書いてみます。

---------------------------------------------------------

高校の普通科の生徒は、行きたい学校より、偏差値で判断して学校を選ぶことが多いでしょう。普通科は、大学に多くの生徒を合格させることが目的ですからそういう進路指導になったとしても仕方がないことでしょう。

続きは↓

“進路についての考え”の続きを読む>>
塾生日記 | 【2007-09-24(Mon) 21:16:34】 | Trackback(-) | Comments:(1)
いづこに・・・
「じゅくちょー、話があります! うち、行きたい高校が決まりました」

  「どこ?」

「H工業の建築です。」

  「なんでそう思ったと?」

「設計とかしたいから。」

  「ほぉ、建築やったら計算とか要るよ。」

「うん、でも(計算は)パソコンがするっちゃろ?」

  「それはそうかもしれんけど。数学がんばらんとね。
   実際、どんな仕事に就くか調べたとね?」

「ううん、親が知っとる。」

  「(どっかーぁぁん!!)

   そりゃ自分で調べんといかんやろ。」

「もぉ、こんなん侮辱されるなら、じゅくちょーに話さんどけばよかった。」

このブログによくネタを提供してくれるR子との会話です。

「侮辱」という言葉の意味を取り違えてますが、まぁR子の気持ちもわかります。
応援してくださいということだったのでしょうから、「よし、がんばれ」と言ってほしかったとですね。

でも、先週までは、近所の「女子商に行くぅ」と言ってました。

夏休み頃は、なななんと! 「彫師(ほりし)になりたい」、と言ってました。彫師って、刺青を彫る人のことですよねぇ。この発想もすごい。ueponさんが喜びそう。
確かに怖いもの知らずのR子には、ぴったりの職業のような気もします。

こうやって、希望もコロコロ変わるので、今回の話も来月には変わっているかもしれません。

R子だけでなく、他のみんなもこれからいろいろな人の話を聞いて情報を集めて、
11月くらいには最終的に決まっているでしょう。

ちゃんと応援しとるよ。

今日はフクトのテストの日です。
「今週は週に6日も塾だ!(火水金が通常授業、木は1・2年の基礎づくりセミナーの日に参加、土は理科の補習授業)」
みんなワーワー言いながら来てます。


※ ueponさんへ

昨日はちびちゃんたちが来てくれて嬉しかったです。
何度も頭をなでてくれるところがかわいかったです。

※ tobaさんへ

先生のところでされている写真コンクール、おもしろい企画だと思います。作品を評価してあげることはいいことですよね。

塾生日記 | 【2007-09-23(Sun) 09:16:24】 | Trackback(-) | Comments:(2)
かすたどん
修学旅行のお土産をわざわざ2年のB君が届けてくれました。

薩摩蒸氣屋のかすたどん。

070921-1.jpg

修学旅行に行く前から、「かすたどんはばりうまい」と生徒が口々に言ってたので、どんなお菓子だろうと思ってました。

今日B君がくれたかすたどん、以前食べたことがありました。
うん、確かにうまいよ、これ。

この薩摩蒸氣屋さんのかるかん饅頭もおいしいですよね。
このかすたどんも、食感がかるかんと似ています。

N中で野球部のピッチャーのBくん、2年生が主力になってピッチャーとして出場した試合が6戦6敗だそうです。明日が7戦目だそうです。
暑いけどがんばってくれ! 勝利の報告待ってるぞ。

かすたどん、ありがとね。

薩摩蒸氣屋のホームページはこちら


※ ueponさんへ

そんなぁぁ。でも、家族のためなら何でもします。



塾生日記 | 【2007-09-22(Sat) 00:05:00】 | Trackback(-) | Comments:(1)
ヤングじゅくちょーの冒険~石焼芋屋③
芋売りにも慣れてきて、アイデアがむくむくと湧いてきました。

やはりシンガーソングライターのヤングじゅくちょーとしては、オリジナルの焼き芋ソングを作ってスピーカーで鳴らしながらいこう!
早速、ギターで明るいオリジナルソングを作ってカセットに吹き込みました。
頭にはバンダナを巻いて革ジャンを着て、ブルース・スプリングスティーンばりの格好で、ヤング石焼芋カーとしてスタートしたのです。

大学の近くに行ってみたり、官庁街に行ってみたり、ちょっと新しい石焼芋?みたいなアプローチでせまるアイデアは、もろくもくずれました。
お客さんが来ません。。。

唄なんかはどうでもいいし、やはり、石焼芋はおじさんの声でおじさんが売るのが一番なのではないでしょうか?

気を取り直して正攻法で行くかー。

深夜終電が近くなる頃、会社帰りの酔っ払ったサラリーマン目当てに駅へ行くのですが、その夜は土地勘がある国鉄の中野駅の周辺に行ってみました。しばらく車を止めてお客さんが来ないかと待ってました。
すると突然、おっかない兄ちゃんがやってきて

「俺はそこでたこ焼き売っている○○会のものだけど、こんなとこで勝手に売ってもらっちゃ困るんだよねぇ」

とすごい顔でにられました。○○会は初めて聞く名前、ぼたもち会かお遊戯会か、よく聞き取れなかったのですが、とにかくヤクザさんに関係がありそうな名前のようなでした。それで、国鉄周辺は縄張りがあるというのがわかりました。 おっかないので、即退散。

そこで私鉄の西部新宿線のとある駅の近くに車を止めて売ることに。
すると今度は、おまわりさんが来て、

「踏み切りの近くで火燃やしていたら駄目駄目!」

と注意されました。即、退散。

他にも、雪の中、芋カーのバッテリーが上がって民家の人に助けていただいたり、芋カーでバックをしている時、新車のプレリュードにぶつけて初めて接触事故を起こしたりと、ドタバタ劇でした。

そんなこんなで、冬の約3ヶ月間、石焼芋売りの貴重な体験することができました。寒くて儲からないつらいバイトでしたが、いい思い出となりました。

ひとつ思ったのは、学生アルバイトが軽い気持ちでやっても稼げないということです。
同じ芋を売るのでも、会社潰したおじさんは真剣さが違っていてしっかり稼いでいました。
ヤングじゅくちょー、社会人としての本当の厳しさを知ったのは、もっとずーっと後になってからでした。

ヤングじゅくちょーの冒険~石焼芋屋  終わり


※ueponさんへ

この写真を見て、今 芋を売っていると思った方がおられました。
△さんが、「今はしてないけど数年後はしてるかもしれません」と答えておいたそうです。
笑えない。。。

※わたしはさくらさんへ

甘ちゃんのヤングじゅくちょー、自分を鍛えるつもりで始めたのですが、後で考えると「苦労」したうちには入らなかったと思います。

思い出 | 【2007-09-21(Fri) 00:10:00】 | Trackback(-) | Comments:(2)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
08 ≪ 2007/09 ≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -