プロフィール

森田俊文

Author:森田俊文

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
フランス便り その3
3日目

今日は朝7時にアヌシーのホテルをチェックアウトして南仏プロバンス地方を目指して出発しました。高速道路を行くこと2時間、ちょっとカフェで休憩するつもりで、当初行く予定のなかったグルノーブルという街に入りました。ガイドブックの「地球の歩き方」にロープウェイで高いところに登れると書いてあったので、動物占いでサルのじゅくちょーは行く気満々になっていました。

パーキングに止めて散策したのですが、まず街並みがパリのような雰囲気でいい感じなんです。路面電車も走っています。あー、来てよかった! というのが二人の感想。朝の10時前ということもあったのですが、太陽の光に見るもの何でもキラキラ光ってます。そこで、カフェに立ち寄りカフェオレを注文して朝日の中でくつろいだのでした。

20060831114548.jpg


その後、かわいい芋虫みたいな(球形の車体が5つ並んでいる)ロープウェイで城塞が展望所になっているところまで上りました。そこから見た景色の素晴しいこと。グルノーブルの市街を一望し、街を取り囲む雄大な山々まで眺めることができました。
フニクリフニクラの歌が頭の中をかけめぐって「行こう行こう彦山へ、行こう行こう悠々へ♪」と裸で腰にタオルを巻きつけて踊るおじさんが思い浮かんだ自分が悲しかったです。

20060831114615.jpg  20060831114953.jpg

11時くらいにトルコ人が経営しているトルコ風サンドウィッチ屋さんに立ち寄り、腹ごしらえをしました。そこで気さくなトルコ人青年と話しましたがメニューの説明など親切にしてくれました。韓国には1ヶ月仕事で行ったことがあるとのことでした。

20060831114632.jpg


グルノーブル大好きになって再び高速道路で南仏プロバンス方面へ。太陽の日差しが強くなり、外気温が出発したアヌシーでは10℃だったのが、だんだん20℃を超えてきました。

車で約2時間、南仏の最初の訪問地は、オランジュという町に決めました。
ここでまたフランス人の親切に遭遇!小銭を持っていなかったのと駐車場のシステムに困惑していたら、あるマダムが「ここはこれこれこうするのよ」と2ユーロ(300円)を機械に入れて「いいのいいの、もう行っていいわよ」と全部やってくれました。なんて親切なマダムでしょう!見ず知らずの旅行者に300円もおごってくれるとは!

心があったまった後、町の丘に登ってオランジュの町のパノラマを見て、その後、現存しているローマ時代の古代劇場ではヨーロッパ最古と言われているテアトルアンティークに行きました。中を見て歩く際、フロントで大きな電話の受話器のようなものを貸してもらって、なんと、日本語で詳しい説明を聞くことができました。紀元前1世紀に造られた石造りの劇場の大きさと、ローマ人の偉大さを体感しました。その後、凱旋門を見学してオランジュを後にしました。

20060831114647.jpg  20060831114704.jpg


「次はどこに行こう?」「アヴィニオンにする?」「そうやねぇ」
そうそう、まだホテル決めてなかったのでした。

初日にTGV(日本の新幹線みたいな列車)の中で、親切なおじさんに教えてもらったホテル「ETAP HOTEL」という名前を覚えていたので、そこに行ってみようということに。

アヴィニオンはオランジュから40kmほどのところにあって、町全体が城壁で囲まれている南仏プロバンス地方で有名な観光地です。そのホテルが見つかるかどうか不安はありましたが、運よく意外と簡単に発見しました。部屋は空いていたので今日から3泊することにしました。ここを拠点に3日間、プロバンス地方をめぐる予定です。

アヴィニオンというと、「アヴィニオンの橋で 踊ろうよ 踊ろうよ♪」を歌い出したのが雅子さんのお母さんと○○ーボックスの△さん。
音楽の教科書に載ってたんですか?
じゅくちょーの時代の音楽の教科書にはもう載ってませんでした。
アヴィニオンの橋の歌は、ベスト電器のCM「行こう 行こう ベストに行こうよ ドンガラガッチャ安い ドンガラガッチャ安い♪」のメロディだそうです。
二人の目は、アヴィニオンの橋が安っぽく見えてきたのでした。

20060831115008.jpg


それから、アヴィニオンの町を散歩して、夕食を食べてホテルに戻り、長い3日目が終わったのでした。

今日のブログ長かったですねぇ。最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。


日記 | 【2006-08-31(Thu) 11:58:46】 | Trackback(-) | Comments:(1)
フランス便り その2
2日目

リヨン駅のレンタカーを借りに行きました。日本からインターネットで予約していたルノーのメガーヌという車です。
ところが、初めからミッションのバックに入れる操作がわからない!
係りの人に教えてもらいましたが聞かないとわからない操作にとまどいました。

20060830123036.jpg


左ハンドル、ミッション、右側通行、交通ルールが違うという条件に体と頭が慣れるまで半日はかかりました。エンストはするわ、行きたいところに行くのに同じところぐるぐる回るわ。100メートルの距離を走るのに20分かかったことも。しかもフランスは信号が少なくて丸いロータリー?になっているところが多く、左から来る車が優先なんです。その感覚に慣れるのと、直進したいのにカーブしながら進むので違う道に入ったりと大変神経を使いました。

初めに訪れたのはシャンベリーという町。スーパーマーケットがあったので、水や地図などを買い物。レストランとかは値段が高いですが、スーパーで買う品物の値段の安いこと。例えば、日本で最低1200円するワインがなんと300円くらいなんです。毎日1本飲めるやん!
車で聞くためのフランス人ミュージシャンのCDを3枚購入!これでフランスに来た気分たっぷり。

その後、バンクドフランス(フランス銀行)、郵便局を探して両替をしましたが、どれもこれも初体験でしたが、親切なフランスの人たちがいろいろ助けてくれました。メルシー。

楽しかねー、楽しかねー。 わからんことばかりで楽しかねー。

そうして、高速道路を使って目的地のアヌシーに到着。ホテルにチェックインして、散策に出かけました。アヌシーはフランスのベニスと言われているそうで、アヌシー湖畔にある町です。美しい運河沿いに中世の街並みが立ち並んでいて町全体がひとつのテーマパークのようです。フランス人の観光客が多いことに驚きましたが、日本人には一人も会いませんでした。ヨーロッパに来たな~と実感しました。

20060830123054.jpg

20060830123121.jpg

20060830123141.jpg


夕方の7時にホテルにいったん戻って休憩して食事に行こうという計画でしたが、バタンキューで目が覚めたら朝の3時でした。

2日目はこうして終わりました。


日記 | 【2006-08-30(Wed) 12:38:21】 | Trackback(-) | Comments:(2)
フランス便りその1
おはようございます!
貧困旅行、いや新婚旅行の1日目目、無事にリヨンのホテルに着くことができました。

フランスのシャルル・ドゴール空港に着く直前、飛行機の翼に ガッ!という衝撃音と同時に一瞬まぶしい光が! 一瞬エンジンから火が噴いたかと思い冷や汗をかきましたが、機内アナウンスで「ただいま落雷を受けましたが、なんら異常はございません」と説明があり、ホッとしました。

パリからTGV(日本の新幹線のようなもの)のチケットを買ってリヨンへ。
初めてTGVに乗るのでいろいろ迷いました。
20060829130146.jpg


ホームに改札がない、出るときも改札ないよ! 車掌さんが回って来て切符にハサミを入れただけ。つまりチケットなしでも乗ることができる? 
日本は時刻表に何番ホームとか決められているのに、到着ホームは直前の20分くらいに発表がある、つまり20分前まではどこで待てばいいかわからない!
チケットに車両番号だけ書いてあってその車両内で自由席、でも車両の移動は自由、つまり、予約してるのに席がないこともある!
駅のホームに駅員さんがいないので聞く人がいない。

楽しかねー 楽しかねー、 わからんことだらけ。 これぞ、自由旅行の醍醐味です。

TGVの車内で、アヴィニオンに行くという隣のおじさんと話をして いろいろ教わりました。
TGVのチケットの見方。じゅくちょーたちは2日目までしかホテルを決めていないのでアヴィニオンのお薦めの安いホテルとその電話番号。高速道路について。親切なおじさん、ありがとう!
20060829130201.jpg


そんなこんなで無事にリヨンに到着。小雨が降っていましたが、予約していたホテルが駅の前だったので助かりました。
20060829130211.jpg


その後、近くのレストランで食事をしてホテルに帰りました。

今はフランス時間で4時半くらい。眠いようで眠くない。飛行機でも眠れんかったしぃ。
それでブログをしています。無線LANの機能があれば、パスワードが書かれたカードを購入(45分で750円くらい)して、ホテルの部屋でインターネットができるんですよ。

それでは報告終わります。


m-mamaさん、たくさんコメントありがとうございます。
まことくん、宮崎さんもありがとう! 
アイスランドのもりもからもメールをもらいました。ブログがあるそうです。



日記 | 【2006-08-29(Tue) 13:06:47】 | Trackback(-) | Comments:(1)
長い誕生日
卒業生のみなさーん、今日は何の日?覚えてますか?

ハニハ(828)の日です。

塾の歴史の授業において、1963年、じゅくちょーは部分的核実験禁止条約の年を記念して、かつ、1863年のアメリカの奴隷解放令の100周年を記念して生まれたことになっています。

塾にいた頃、ハニハの日はアイスクリームをじゅくちょーが買ってきてハッピーバースデーの歌を強制的に歌わされた記憶が甦りますね?
「アイスおごるけん祝え!」と。

今日は、○○旅行に出発します。○○とは?

1.傷心  2.修学  3.婚前  4.新婚  5.貧困

答えは ひ・み・つ。。。

超ひさしぶりの旅行にはしゃぎ気味のじゅくちょーですが、ちょいと風邪気味です。
ヨーロッパまでは12時間以上のフライトです。早朝に出発しても時差の関係で到着するのが夕方の4時頃。日本は22時になっていますが、7時間のもうけです。

というわけで、長~い誕生日となります。

一応パソコン持って行きますが、インターネット接続環境がないかもしれないので、6月から一度も休んでいないブログが途切れるかも…


PS 川畑さん、コメントありがとう!

日記 | 【2006-08-28(Mon) 03:34:07】 | Trackback(-) | Comments:(3)
夏期講習終了!
長~い夏期講習が終わりました。塾生のみんな、お疲れさん!
夏の参加者のみんなもそれぞれ個性があって、楽しめました。
子どもって本当におもしろいと思います。これからいろんなことを学んで、どんな色になって大きくなっていくのかわくわくしますね。

期待をこめた愛する子どもたちが…
一昨日の晩の東区の交通事故の記事を見るにつけ胸が痛くなります。
大切な3人の子どもを目の前で失ったご両親、どんな思いだったか。

塾の子どもでもじゅうぶんかわいいのに、じゅくちょーに子どもができて同じことが起こったらきっと耐えられないでしょうね。



塾生日記 | 【2006-08-27(Sun) 13:46:45】 | Trackback(-) | Comments:(1)
みんなすごい!
昨日、卒業生の柿ちゃんが塾に近況報告に来てくれました。
不思議なものですが、その日の午前中、柿ちゃんのお母さんにガソリンスタンドで偶然会ったんです。


今年の3月の卒業生のうち3人が、音楽することを目的に私立に進学しました。その3人とは、柿ちゃん、みくちゃん、まりこさん。

柿ちゃんは、城東高校に進学しましたが、1年生ながら吹奏楽部のレギュラーを勝ち取ったそうです。城東は、九州の大会で金賞を取って今度全国大会に出場するそうです。九州ナンバーワンですぜ!それのレギュラー。すごい!

みくちゃんは同じ城東。レギュラーはまだ取れていませんが、レギュラーじゃないメンバーは、甲子園に応援に行ってきたそうです。入った高校が甲子園出場、しかも応援に演奏できたって、、、すごい!

まりこさんの精華女子、韓国で行われたマーチングバンド大会で世界一になったそうです。世界一ですよ世界一。すごい!

音楽するために進学した3人とも、すごいすごい!

こちらをクリック

卒業生 | 【2006-08-26(Sat) 00:19:01】 | Trackback(-) | Comments:(1)
物干し竿
新居に物干し竿がない!
ということで買おうかどうか考え中だったとき、もゼミの近くで声が聞こえてきました。

「竿や~ 竿だけぇ~、20年前のお値段で提供しております」

「2本で1000円、2本で1000円」

これだ!と思ったじゅくちょーは、2階から竿竹屋のおじさんを呼び止め、
「竿竹くださーい!」と叫んだのでした。

「2本で1000円のはどれですか?」と聞いたところ、おじさんいわく、「鉄製だよ、すぐさびるよ。さびないのはこっちのステンレス。」

「な、な、なんですって? い、いくらですか?」

「おー、1本3000円だよ、2本で5000円」

「わかりました。じゃ、1本だけ。。。」

晴れて、我が家にステンレス製の物干し竿がやってきました。
後で聞いたんですが、それくらいの物干し竿は近くのホームセンターに1280円くらいで売ってるとのこと。トホホ。
奥さんに怒られたことは言うまでもありません。

日記 | 【2006-08-25(Fri) 11:32:54】 | Trackback(-) | Comments:(2)
ヤモリ
塾の窓にヤモリを数匹飼ってます。勝手に住みついているのですが、よく虫を食べてくれます。ときどき観察していると、虫を食べる瞬間を見ることができます。ヤモリの動き方はトカゲのように全身を使った歩き方(爬行)をします。授業中の息抜きになってます。写真のヤモリは尻尾が一度切れた痕があります。たくましく生きてますねぇ。

yamori.jpg


塾生日記 | 【2006-08-24(Thu) 01:13:36】 | Trackback(-) | Comments:(0)
ばあちゃんです
じゅくちょーのばあちゃんは二人とも健在です。
母方のばあちゃんは97歳。下の写真は、介護施設で誕生祝いをしてくれたときのものです。

最近は物忘れが進んでさっきのこともすぐ忘れてしまうくらいになりました。でも、孫のじゅくちょーのことはなんとか覚えてくれているようです。

雅子さんを「お嫁さんです」と紹介したところ、ばあちゃんが雅子さんに

「ありがとうね」

と涙ぐんでお礼を言ってくれました。心配かけてたんですねぇ。

bachan1.jpg



家族 | 【2006-08-23(Wed) 11:45:10】 | Trackback(-) | Comments:(1)
徳ちゃん 登場!
徳ちゃんがお姉ちゃんに連れられて塾に顔を出しました。
シャイなんでひとりでは行ききらんかったそうです。

徳ちゃんは今、熊本大の工学部の4年生です。
あの徳ちゃんがねぇ~

中学のときは、ぜーんぜん 勉強しなかったんですよ。いつも自転車で友だちとぶらぶら遊んで回って、部活に力を注いだわけでもなく。。。
高校受験のときは、わざと無謀な挑戦をして私立に行くことに。
そこからエンジンがかかったみたいです。

中学まではさんざん遊ばせて親御さんは口を出さなかったみたいです。
そこまで力を貯めておいて、高校で目覚めて自発的に勉強に取り組む。
親御さんが徳ちゃんの適性をちゃんと理解した結果でしょう。

中学まで塾で尻たたいて、詰め込み詰め込みで行くと、それなりの高校に
入れるかもしれませんが、入った後、息切れする生徒もいます。

息切れするかもしれないけど、とにかくひとつでも上の進学校に合格させるため、詰め込むのもひとつの考え方。志望校に行くことより、年齢に合ったことを思い切りさせて、力を蓄えておいて時期が来るのを待つのもひとつの考え方です。

そのへんの見きわめって難しいですよね。子どもによって適性も異なるでしょうから。どっちかと言うと、女親が前者、男親は後者の方が多いと思います。

中学校卒業ぶりに話した徳ちゃん、恥ずかしがり屋なところは変わっていませんでした。来年は大学院に行く予定だそうです。
勉強、好きねぇ?

写真はこちら


卒業生 | 【2006-08-22(Tue) 00:28:25】 | Trackback(-) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
リンク
カレンダー(月別)
07 ≪ 2006/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -